スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年後半のキーワード大賞(後半)

2017年02月08日 15:03

もう2017年の節分も過ぎたっていうのにまだ2016年の話かよ…
って感じで恐縮ですが,残っていた分をやりますね.


まずはこれ!

「ルンギ バングラデシュ 履き方」


これね,日本語で検索したらどうなるのか私も気になったので
グーグル先生にお伺いを立ててみました.
そしたらですよ,バングラではなかったのですが,
南インドはケーララのルンギを紹介している方いました.

南インドの男の定番ファッション「ルンギ」を着てみた

バングラでは裾をたくし上げないでタイトスカートのように履くのが一般的ですが
作業するときなどはこのようにしたり,もっと短くホットパンツのようにしたりします.
上の部分の縛り方も人によって違ったりします.
腰のところにお金とかを入れてるおじさんもいますよね.
着物の懐感覚なのでしょうか.


「ダッカ らくだ 犠牲祭」

Eid-ul-Azhaの犠牲祭えですが,バングラにはラクダはいないので,
主にウシ、そしてヤギが捧げられます.
中東などの砂漠地域ではラクダも一般的のようですね.
ダッカ市内でラクダのカレーが食べられる食堂があるのですが(日にち限定),
嘘か本当か,犠牲際で蓄えられたラクダ肉を中東の政府が輸出しているのが入ってくるのだという噂を聞いたことがあります.


「ばんぐらねんまつねんし」

これはいいポイントですね.
バングラの年末年始っていつなんでしょう?
西暦?いやでも一月一日って平日だよね.
じゃあベンガル歴?4月14日は祝日だけど,一日だけだしその前に年末感があるかというとかなり怪しい.
それともイスラム歴?うーむ、確かに現状この国で一番長い連休だし帰省の大移動や買い物を考えると年末年始感があるけど,イードってイスラム歴の新年ではないんですよね.
さらにヒンドゥーの人は独自にヒンドゥー歴を使っていたり,とにかく暦について考えると訳が分からなくなります..


「バングラデシュ 土日休み」

バングラはね…土日休みじゃないねん!!
外資系だと土日休みにしている会社もありますが,世間は金曜日休み.
政府系機関や事務所は金土休みのところも多いですが
工場やローカルの企業の多くは土曜は営業です.
この金曜休みっていうのが大変なんですよ…
日本や周辺取引国と合わないから、お互い休日対応になるわけです.
パキスタンでさえ日曜休みだと言うのに…


「バングラデシュ トイレメーカー」

ごめん,知らんわ.
陶器の生産は多いからいっぱい作ってるとは思うけど,
ダッカだと中国からの輸入品多い気がしますね.
高級フラットだとAmerican Standardなんかのブランドも見かけます.


「バングララブホテル」

検索した人、先生怒らないから正直に手を挙げなさい.



「穴あき靴下 / 穴あきソックス」

これは…何を知りたくてこういう検索したのかは不明ですが,
少なくともこのブログが意に沿うお答えではないことには自信があります.



「スーラジ ザライジングスター 感想」

おお懐かしい、これはインドのアニメですけどたしか以前記事書きましたね.
クリケット版巨人の星!



「メイウェンティ モウマンタイ マイペンライ」

なんでだよ…バングラ関係ないじゃん…
これらに加えて「オシュビダナイ」とか「ショモッシャナイ」があるならともかく,
なんでこのラインナップでこのブログに辿り着くの?


という2016年のキーワードたちでした.
間が空きすぎてしまったので,大賞はなしにします.
スポンサーサイト

2016年後半のキーワード大賞(前半)

2017年01月28日 15:03

更新を休んでいた間に,キーワードの保存期間が過ぎていきまして…
去年9月の中旬くらいからしか拾えませんでした.

というわけで,2016年後半分のキーワードをまとめてやります.


まずね,相変わらずブッチギリで検索が多いビザ関連ですけれども,
最近はやたら具体的な検索文章がひっかかってくるようです(原文ママ).


「バングラディシュ、ダッカで就労するにはビザはどこで取得?」

バングラでは「就労ビザ」というカテゴリはないので、投資ビザ(PI)もしくは雇用ビザ(E)になりますね.Eビザの場合でいうと,日本人であれば東京にあるバングラデシュ大使館で取得ですが,その前にBIDAからEビザの推薦状をもらう必要があります.それからそのEビザで入国して労働許可証(WP)の申請と,七面倒なんですよ.気長にやってください.

そういえば!
BOIがBIDAに変わった(吸収された?)んですよね.
それで何が変わったかのかはよく知らないですけども.


「BANGLADESH VISA TOKYO 50ドル 振り込み」

謎の50ドル請求!
これ,まだあるんですか?
基本的に日本国籍の人はバングラのビザは無料発給なのでご注意を.


「ネパール ビザ申請書記入例 オンライン」

ねぱーる?
ネパール大使館のページへGO!
時々インドやネパールのビザ関連のキーワードでヒットしてきているみたいですが…


「日本在住のバングラデシュ人が渡航する場合は?」

バングラに渡航する場合ってことですかね?
バングラデシュ国籍のバングラデシュ人でしたら,
航空券を買って飛行機に乗ったらいいんじゃないでしょうか.
日本国籍の方でしたら日本人と同じようにビザを取って渡航してください.


なんかビザ関連だけで結構長くなったので今日はここまでにします.

そういえば東京のバングラデシュ大使館は場所が変わって
アクセス良くなったらしいですね,また行ったことはないですが.

foodbook!

2017年01月18日 14:56

ボナニ・エガロのド真ん中,
日本食レストランICHIの横にあるfoodbook.

もうここまでやってくれるといっそ清々しい.

foodbook


店の前には,SNSのアイコンぽく写真が撮れるセットも置いてあるのだけれど,
そっちはかなり昔に撮った写真なのでデータが行方不明...

ダッカにBURGER KING登場!

2017年01月11日 16:19

み,みなさま…
お久しぶりでございます,Naokoです.

ちょっと間が空きすぎてどんなテンションで書いていたか思い出せないですが,
うっかりしているうちに2017年になっていました…

更新をしてない間に,ダッカはいろいろな変化がありました.
その一つが,かの高名なBURGER KINGのダッカ進出であります.

先月(2016年12月)の9日にBananiにOPENしたんですよ.
OPEN当日の午後2時半くらいにエガロを通りかかったらこのような状態でした.

BURGER KING バングラ発のBURGER KING!

「本日午後3時オープン!」と書いてる看板を横目に通り過ぎ…ずにこの通りちゃっかり撮影しましたが.
このあと開店10分くらい前に再度通りかかったら結構並んでいました.我々は入ってはいません.

昨年は本当にいろいろなことがあったバングラデシュですが,経済発展は止まりません.
政治的には5日の選挙記念日?も何事もなかったようで,BNPは本当に力がなくなったのではと思います.
アワミ・リーグの一党独裁体制が続きそうですね.
治安状況はどうなるでしょうか.こればかりは読めません.
2017年が平和でありますように.

※これからは更新がゆっくりペースになります

リスボンのバングラ人

2016年09月14日 19:18

随分と間が空いてしまいました.
7月の事件があったとき,ダッカではなくスペインにいました.
すぐに事件の知らせは入ったのですが,遠方の地で何もできず,
最低限の連絡を取り合いながら情報取集をするだけで時間が過ぎました.
先日,テロ事件の首謀者と目されるバングラ人が治安部隊に射殺されましたが,
これで一件落着,という気分にはとてもなれません.


ところで,スペインのあと,少しポルトガルに寄りました(こちらは純粋な観光で).
ポルトガルはついでだったので全然下調べをしていなく,
宿もagodaで前日に決めるという行き当たりばっ旅でした.
そんな事前情報ほぼゼロで訪れたリスボンで通りを歩いていたところ,
突如「バロラゲ」という単語が耳に飛び込んできました.
空耳かと思いながら頭を巡らせると,デカデカと「BANGLA BAZAR」の文字が.
聞き間違いじゃなかった…

BANGLA BAZAR 


その後,観光客の集まる地区でお土産物屋を覗いたら,いかにもバングラ人という風貌の店主.
(お客にはポルトガル語や英語で話しているので)念のため,店員同士で話している会話に耳を傾けました.





「この人たち絶対バングラ人だ…」と確信.

バングラ語で話しかけてみたところ,ビンゴでした.
その後,お土産屋に入っても入ってもバングラ人が.
なかにはコルカタ出身のバングラ人(インド国籍)もいました.
ポルトガル人や他の国の人もいましたが,バングラ人経営の店は本当に多かったです.
話を聞いた限りではリスボン在住18年とか15年という古株や,数か月前からという新参者も.
リスボンだけで1~2万人くらいはバングラ人がいるのではとのことでした.
まさかポルトガルにこんなにもバングラ人がいるとは,予想もしていませんでした.

「バングラ語を話す日本人」ということで珍しがられ,
買い物をしたらちょっとおまけしてもらったり,コーラをもらったり.
テロの時はダッカにいたのか,どうしてたと心配されたり.
バングラ人の同郷者への厚意をお裾分けしてもらいました.

まさかリスボンでこんなにバングラ語を話すとは思ってもいませんでしたが,
なんだかちょっとほっこりしました.



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。