スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Losing their religion: the hidden crisis of faith among Britain’s young Muslims」

2015年05月18日 20:29

いつ以来なのか本人も分からないほど久しぶりのレビューです.

昨日読んだWeb記事が秀逸だったので軽くレビューしたいと思います.

記事元はイギリスの大手新聞『the guardian』の日曜版『The Observer』.

Losing their religion: the hidden crisis of faith among Britain’s young Muslims

というタイトルで,イギリスにおける若年層ムスリムの信仰が薄れていく現状について書かれています.

ただし「the hidden crisis of faith = 隠された信仰の危機」というタイトルではありますが,
信仰が失われていくことに対する危機感ではなく,むしろこの記事はイギリスにおいて
イスラム信仰を維持できなくなった若年層のアイデンティティ・クライシスとそこから生まれる孤独感,
およびイスラム信仰を捨てたことによる実際的な生命の危機についての現状について書かれています.

リード文を引用すると,

“As debate rages over the radicalisation of young British Muslims, are we overlooking a different crisis of faith? Ex-Muslims who dare to speak out are often cut off by their families and fear for their lives. A brave few tell us their stories”

Ex-Muslimという表現があるのを初めて知りました.
というのも,「イスラム教に改宗することはできるけれどイスラム教から改宗することはできない」
というのを昔々どこかで聞いたことがあるような気がしていたからです.
と言うわけで,何故だか一旦ムスリムになったら信仰の軽重や実践の有無は別にして
ずっとムスリムなのかと勝手に思っていましたが,そんなことはないようです.
少なくともイギリスでは信仰を捨てた人をEx-Muslimと呼ぶようですね.


イスラム教をすごいなと思うのは世界の歴史を紐解いてもイベリア半島を除いて,
一度ムスリム帝国が支配した地域ではほぼイスラムが根付いていることです.
インドは複雑ですが結果的にはパキスタンとバングラデシュが生まれていますしね.

またムスリム・アイデンティティというのは非常に強く作用するようで,
それは毎年のハッジの様子などを見ていても感じます.ムスリム皆兄弟みたいな感じでしょうか.
特にイギリスのような非イスラム国に見られるムスリム・コミュニティというのは,
単なる同郷集団よりも強い結びつきがあるような気がします.

イスラム信仰を手放すということは,それを失うということもでもあるので,イギリスのEx-Muslimたちは
自分が何者であるのか?という問いとコミュニティからの疎外という孤独感を抱くことになります.

また家族や親戚からの迫害・身体的脅迫もあるようです.
バングラデシュでは昨年から3名ほど過激派を批判した有名ブロガーが殺害されています.
結婚などにも当然影響がでてきます,身内と縁を切られるケースもあります.
母親に触れてももらえないというのはつらいですね.


興味のある方は,ちょっと長いですがぜひ原文を読んでみてください.



[「Losing their religion: the hidden crisis of faith among Britain’s young Muslims」]の続きを読む
スポンサーサイト

ジョイヌル・オベディン画集『The Art of Zainul Abedin』

2015年04月06日 20:37

先月,仕事でAarongに行ったときのこと.
AarongはBRACが経営する,バングラデシュでも指折りのお土産屋で,
ダッカだけでなくチッタゴンなど主要都市にまで展開しています.

だいたいお客さんから「お土産を買いたい」と言われたらここにご案内すればOKという
現地在住者からすれば非常にありがたいお店であります.

そこでふと見つけたこの画集.

『The Art of Zainul Abedin』1 『The Art of Zainul Abedin』

ジョイヌル・オベディンはバングラでは一番好きな画家で,
マイメンシンにあるジョイヌル・オベディン博物館にも2回行きました.

このリベリオンという作品は特にお気に入り.

『The Art of Zainul Abedin』3 「Rebellion」1966


新品で購入したのに既に装丁が怪しいところは流石のバングラクオリティ.

『The Art of Zainul Abedin』2 あと何回めくると解体するか

オベディンは1943年のベンガル飢饉のスケッチ作品でも有名です.

『The Art of Zainul Abedin』4 1943-44にかけての作品群


もうひとつ,個人的にオベディンに注目したきっかけは,
オベディンは日本やメキシコにも出かけていて,旅先でのスケッチや水彩画も数点残っているのですが
特にメキシコは自分が以前住んでいた街の作品があって一気に親近感を持ったのでした.



連休とれたらまたマイメンシン行こっかなー




[ジョイヌル・オベディン画集『The Art of Zainul Abedin』]の続きを読む

続・イスラム金融入門

2014年10月12日 11:28

前回の続き.

バングラデシュにおけるイスラム金融はどうかってゆー話でしたね.

イスラム金融を扱う銀行には二種類あり,
1つはイスラミック・バンクと呼ばれるイスラム金融を専門に扱う銀行
もう1つは一般的な銀行のなかにイスラミック・ウィンドウと呼ばれるイスラム金融を扱う窓口を設けている銀行

バングラデシュにおけるイスラム金融は1983年にIslami Bank Bangladesh Ltd.の発足をもって始まり,
2014年現在,8つのイスラム銀行と17のイスラミック・ウィンドウを持つ銀行が存在しています.
さらに数行がイスラム金融の申請を出しているとのこと.

例えば,Standard Chartered Saadiqというのは,国際的なStandard Charted Bankの
イスラム金融を扱う支店で,ダッカではグルシャン・アベニューに店舗があります.

そういえば,ラマダーンの時期には,このSaadiqのクレジットカードで買い物するとディスカウント!
っていう,いかにもイスラムですよ~的なキャンペーンがなされていました.
きっとハッジ積立預金(巡礼資金用)とかもあるだろうなあ(あくまで予想).


Islamic Finance Country Index (IFCI)によると,2012年のバングラデシュの位置づけは75か国中12位.2014年時点で国内預金の19%,ローン.融資の22%をイスラム金融が占めています.
(って書いてあるけれど,経済・金融に疎いNaokoはあまりピンと来ないのですが)

バングラ政府はマレーシアのスクーク債の観点を取り入れて,イスラム銀行から借り入れできるよう
法改正の話し合いを進めているそうです.


ただ問題点も挙げられています.

1) イスラム金融会計基準・監査機構(AAOIH)にまだ加盟していないこと
2) オフィシャルのシャリア・ボード*がないこと

*シャリア・ボードはイスラム金融の商品がシャリア(イスラム法)に則っているかを判断する議会.
通常3-6名程度で形成される.各銀行ごとにもっていることが多いが,
イスラム法と金融両方に精通している人材が少ないので掛け持ちも多いらしい.


昨日挙げた新書2冊とこの記事に一致した意見としては,
イスラム金融は世界のかなりの人口を占めるムスリムからの需要はもちろん
非ムスリムからも注目されているためかなりのスピードで急成長しており,
これからも順調に伸びるはず,という肯定的なものでした,


そんなにたくさんの資料を読み込んだ訳ではないですが個人的な感想として,
バングラデシュにおいては,イスラム金融が伸びている,もしくはこれから伸びていくとしたら
それは必ずしもイスラム規範に則った「シャリア適格の金融商品」への需要が高いというよりも,
イスラム金融の方がお金が借り易いとか,コストが低く抑えられるといった,実利的な理由によるところが
大きいのではないかと思います.バングラデシュには敬虔なイスラム教徒の方もたくさんいますが,
経済活動においては実質的に自分にとって利益になるかとか,
お金が借り易いかということがまずもって大前提なので,
利子のつく一般の銀行よりもイスラム銀行の方が都合がいいと見れば利用する,
といった感じになっていくのではと思います.なんだか当たり前の事を言っているようですが,
「イスラム金融」と銘打つとどうしても宗教的な側面が気になりがちですが,
消費者としてそれよりも金融商品としての利便さ,魅力なんだと思います,少なくともバングラでは.


イスラム金融入門

2014年10月11日 18:41

イード前にいろいろ考えた課題図書.

結局PLAN-D発動しました.

イスラム金融を学ぶ 覚えてる?これね

イスラム金融の新書2冊とビジネス雑誌の記事一本.

まあ率直な感想を言えばですね,イスラム金融の前に普通の金融知識がなかった!
もうね,沢山出てくる金融用語より,たまに出てくるイスラム用語の方が,馴染みがあるっていう..
それでも一応軽くレビューしておきます.新書二冊と雑誌記事はこちら.

『イスラム金融入門―世界マネーの新潮流』
門倉貴史
幻冬舎新書(2008)

『イスラム金融はなぜ強い』
吉田 悦章
光文社新書(2008)

「Grouth without interest」
Ice Business Times (July 2014)


イスラム金融の最大の特徴は「利子(Interest)を禁じている」ということに尽きるかと思いますが,
利子がなくて銀行はどうやって経営するんじゃーいっっていうのが一番の素朴な疑問だと思います.
ええ,ええ,Naokoもそうでしたよ.素人だとまずそう思いますよね.

新書二冊読んで分かったことは下記に要約されます.

「いろいろ理由をつけて『利子』という名前ではない実質の利子を設定している」

シャリアという,イスラムの規範で明確に禁じられている利子の概念に含まれないシステムであればよい,
ということでイスラム国の金融関係者たちが頑張ってイスラム金融システムの数々を作り出したわけです.

近代イスラム金融の始まりは1975年のドバイ・イスラム銀行とされていますが,
文中でも触れられているようにローカルレベルでは実施されていたんだろうと思います.
イスラム商人たちの慣例を普通に利子がつくコンベンショナル銀行の金融商品に
あてはめて整備したって感じなのではないかなと思います.

シャリアでは,下記のような商売に対する取引が禁止されています.

①利子(利息)を貸すこと
②契約中の不確実性
③投機的な行為
④豚肉・酒類・タバコ・武器・ポルノなどの使用やその取引

例えば生命保険は②の不確実性(被保険者が負傷・疾病・死亡もしくは破損するかは不確実)に相当するので,なかなかイスラム金融の商品が作りにくいわけです.③にあたるカジノへの投資やオプション取引もそのまま適応できない.

基本的な概念として,実体を伴わないお金だけのやりとり対して利益を受け取ることへの嫌忌があるようです.
銀行に預けておくだけで利子がつく,という仕組みはイスラムの概念にそぐわないわけです.
ただ,実際の商品取引に対する対価支払いということであれば構わない.

Aさんが80円で買った本をBさんに100円で売って20円儲ける,これは実体を伴う取引なのでOKです.

そこで,Aさんがその本を100円で料金は3ヵ月後払い,という約束でBさんに売るとします.
そしてその場でAさんはBさんに売った本を80円の即金で買い戻す.
するとBさんはAさんからその場で80円受け取るけれど3ヵ月後には100円を支払う.
本はAさんの手元に残ったまま.

というような感じで実質的にはBさんがAさんに3ヶ月20円の利子がつく約束で現金を借りているのだけれど,
「本」という実体を取引している形にしているから無問題.というのがイスラム金融を支える概念.
・・・なんか,これってちょっと理(以下略,自重

また,利子はだめだけれど事業への投資をしてその配当を受け取る,というのは可能なので,
投資や事業の共同経営という形をとった様々な金融商品が開発されいています.
スクーク債という,債権も発行されていて,プロジェクトの資金調達としても注目されているとのこと.
詳細が知りたい人は本書読んでくだされ.


それでバングラにおけるイスラム金融は,って書こうと思ったら既にかなりの長文になってた.
次稿に回します.




STARCHY POTENTIAL

2014年06月22日 15:18

定期購読しているビジネス雑誌の今月号に,ちょっと興味をひく記事があった.

「STARCHY POTENTIAL」と題された2ページの短い記事だけど,
ジャガイモの産業利用の可能性について,みたいな話.

STARCHY POTENTIAL From Ice Business Times June 2014

簡単に言うと,国内で毎年たくさんのジャガイモが廃棄されていて,
もったいないから繊維用のりとして活用しようよ!っていう内容.


記事によると,バングラデシュのジャガイモ生産は年間約1,000万トン.
そのうちの約350万トンが国内消費,約100万トンが種子栽培に,
約100万トンはホテルやレストラン,製菓産業へ卸され,一部は輸出される.
上記の残りのジャガイモは廃棄されているという.

このジャガイモのデンプンから,繊維用の「のり」を作ることが出来るらしい.
この「のり」は糸を強くする効果があり,現在は主にタイから輸入している.
量にして年間約2トン,総額12億4千万TKだそうな.

これを国内産のジャガイモで賄えたら随分なコストカットじゃないの!っていうお話.

それとは別に,ジャガイモの輸出量も年々増加していて,
(主な輸出先はマレーシア,シンガポール,UK,中国など)
こっちもきちんとチャネル作って強化していきましょーということらしい.

バングラの繊維産業は原材料をほとんど輸入に頼っているのがネックなので,
少しでも国内調達できるようなら越したことはないね.


そんで,この提案にどこまで現実味があって,生産的なのかは,
この記事以外にソース当たってないから全く根拠がないんだけど,
これが妥当な提案なら,この技術を持った日本の企業が来たらいいと思うの.
きっと効率的に品質のいい「のり」をつくる技術あるでしょ,ジャパニーズ・テクノロジーなら(たぶん).

心当たりの方はぜひご連絡を.



[STARCHY POTENTIAL]の続きを読む


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。