スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バングラ人と見る映画

2009年11月29日 15:45

先週の金曜、Riffle Squareで日本の黒澤映画『七人の侍』を見ました。

映画はけっこう好きで、基本的には、やはり映画館で見る方がいいのですが、バングラではそうとも言い切れません。バングラデシュ人と一緒に映画を見ると、イラっとくることがあるので。


■ 携帯をしょっちゅう開く(パネルが光って気になる)

■ 上映中に頻繁に席を立つ、しかもいいところで(何故?)

■ 観てる途中で話しかけてきたり、場面説明しようとする(集中できない)

■ 携帯の着信音を消さない、更にそのまま喋りだす(論外)


また所々、大ウケしている場面があり、そこは確かにコミカルな場面ですが、「そこまで笑えるか?」と思うほどの大笑いが起きていました。バングラ人のツボはまだまだつかめません。

一方で分かりやすいのは、ちょっと卑猥なセリフや、色事を想起させる場面になったとき。何かしら必ず反応があります。こういうところはイスラム国ならでは、と言いますか。

バングラ人と見るときは、映画そのものをじっくり鑑賞するというより、「バングラ人と映画を見る」ことを楽しむ、という姿勢で臨むと気楽。
スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。