スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VISAその後

2011年11月30日 17:25

facebookで公開したら,普段とは比べ物にならない速さで「いいね!」が連打された事件.

「その後どうなったのか?」

という問い合わせがあったので,このブログで報告.


経緯を説明すると,最近VISAを更新した.
Work Permit(=WP;労働許可証)が取れて長期滞在のVISAも更新された.

このVISAは日本のバ大使館などで発行されたり,アガルガオのパスポートオフィスで
延長したときにもらえるスタンプ式のVISAとは違い,シールになっている.

顔写真入りのカラーでちょっと立派だ.


スタッフが意気揚々と「取れましたよ~」と持って来たポスポートには.

M! M!

あの.
性別が,Mに,なって,ますけれども??

実はこれには伏線があって,WPに

Mr.Naoko XXXXX

と書いてあった訳.
Mr.だよ,この時点で間違っちゃってる.
これにはすぐ気づいてスタッフに「オイMr.になってるよ!直して」
と指摘してものの,結局そのままTIN(納税者番号)も全部Mr.のままスルー.

そして結局パスポートに貼られるVISAがこんなことにね.


あの.
パスポートの2ページ目には,思いっきり「Sex: F」って書いてありますが?

で,中に貼ってあるVISAが「Sex: M」?

これ,公文書偽造ですよね?バ政府側の!
だって申請書には絶対正しくFにチェックしたもん.

...

で,その後.

スタッフに修正してよ!といって一応申し入れているらしいが.
たぶん切れるまでこのままではないだろうか.
こないだ会ったBOIの人にもチクリと言ってみたけど,効果ゼロっぽい.

まあ,もうあまり期待してないけどさ,変なイチャモン付けられたりしなければ..


ちゃんと確認しろー!
いかにこの政府の役人が怠慢業務をしているか証明されたか.


...

はっ.もしかして意図的なのか!?

注)この日記の内容は,全て事実に基づいています(残念ながら).
スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。