名前の表記

2013年08月27日 08:50

先日,このような記事を目にしました.

ガリレオ・ガリレイをさすときにガリレイでなくガリレオとする理由(英語)
Why Do We Call Galileo Galilei by His First Name?


ガリレオ,言わずと知れたイタリアの天文学者ですが,通称がFamily NameではなくGiven Nameの「ガリレオ」なのは何故か,という記事です.レオナルド・ダ・ヴィンチの「ヴィンチ村」なんかは有名な話ですが,もともと名前でしか呼ばれてなくて,区別する際に父親の名前や出身地,職業なんかをつけるのはイタリアではよくある事だそうで.

文中,イタリア人がその時その時で自分の名前のスペルを変えることに行政側が苦労しているというくだりがあり,これはバングラでもあるあるだなあと...いやいやバングラはもっと酷いぞ!


戸籍制度の整備が遅れたバングラデシュ.
最近になってようやくNID*が定着してきましたが,まだまだ未登録の国民も多い.
*National Identification

そうすると,名前のスペルが定まっていない人が多いんですよ.
「ジャヒッド」と呼ばれている人にスペルを書いてもらうと,
「Jahid」だったり「Zahid」「Jaheed」「Zahed」と変る変る.

「ホセイン」と聞こえる苗字も,「Hosein」「Hossein」「Hossain」「Hussein」と書き方はいろいろ.


いや,違いがあるのはいいんですよ.
日本でも「安藤」と「安東」,「川村」と「河村」とか同音異字はありますしね.
名前に至っては「マリコ」=「真理子」「万里子」「麻梨子」とか無数に書けますが.


厄介なのは,同じ人で表記が定まっていないってこと.
NIDやパスポートを取得した人は,ようやくこれが定まる訳ですが,
そうでない人は,アルファベットのスペルが定まらない.
日本人は英語表記の場合,パスポートなんかはヘボン式のローマ字表記が規定されているので,
読みが分かれば決まったつづりができるようになっていますよね.
バングラ人だと定まっていない場合が多い.

しかも,名前が一杯あってややこしい.
名刺や履歴書に書いてある名前と呼び方が違うとか,
ID名がZahid Hosseinなのに「オマルと呼んでください」とか言われたりする.


こうなる理由はいろいろ考えられそうだけど

1)もともとベンガル語名なのでベンガル語→英語の変換の際のルールが定着していない

2)「J」と「Z」みたいにベンガル発音で区別がつきづらい文字・音がある(どっちも「ジャ」音になる)

3)幼いとき(時には産まれる前)から通称を持っている人が多く,名前としてかなり定着している
 名刺なんかにも( )で通称が記載されている人も多い.

4)ムスリムやヒンドゥーの人はどうしても同姓同名が多くなってしまうので,区別するため


というようなところに起因しているのかな.(あくまで勝手な推測です)

ところで,バングラデシュ人のミドルネームの扱いが不明なのですが.
父親の名前からとっていたり,母親の姓だったりして,定まってないような.
誰かご存知の方ご教示願います.


最新記事