スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グルシャンにおけるイタリア人銃撃事件を受けて

2015年09月30日 09:03

[10/1追記に補足しました]

本当は先日のメッカ近郊で起きた大巡礼中の圧死事故について書こうとしていたのですが,
一昨日夕方起きたイタリア人銃撃事件について書くことにしました.

昨夕,速報でこの事件を知ったときはこのblogで取り上げるのをどうしようかなと
迷っていたのですが,ISILが犯行声明を出したので記事にすることに決めました.

Tavella’s murder in Bangladesh has taken Italians by surprise, says senior journalist Biloslavo

Foreign missions concerned

事件は9月28日午後6時頃,ダッカ市内のグルシャンという各国大使館も集中しており,
外国人が多く居住する地域で,ジョギング中のイタリア人がバイクに乗った者らに拳銃で撃たれ殺害されました.
このイタリア人はオランダ系のNGOで活動していました.

事件同日に「ISIL(イラク・レバントのイスラム国)バングラデシュ」を名乗る組織が犯行声明を出し,
イスラム諸国における外国人に対するさらなる攻撃の可能性を示唆しています.
犯人は30日早朝時点でまだ逮捕されていません.

この事件を受けて英国および米国,カナダ,オーストラリアの外務省は,
武装勢力がバングラデシュにおける欧米権益を狙う計画を立てている可能性があるとして,
自国民に対し注意を呼びかけました.日本国大使館からも注意喚起のメールが来ました.
殺害された男性は,イタリア外務省および大使館へ対しTravel Alartを出すよう促していたようです.

また29日には多くのインターナショナルスクールなどは休講になったようです.
会社から帰宅する際に,グルシャンには普段より警官がたくさん配置されていました.

この事件がバングラ関係者にとって衝撃だったのは
・グルシャンという外国人が多く住み,しかも大使館が集中していて警備もそれなりの地区で
・午後6時というまだ早い時間帯に
・ジョギング中という明らかに金品強奪目的には向かない格好をしていたと思われる
・国際NGO機関で働くイタリア人が銃殺されたということです.


ISIL(もしくは,バングラの英語系報道機関ではIS=Islamic Stateとも)は,
9月上旬に,マレーシアやインドネシアなどの国名を具体的に挙げながら
日本を含む在外公館や外国人を標的にする旨の声明を出していました.
それを見てクアラルンプールやジャカルタに住む友人と連絡を取り合ったのがつい20日ほど前です.
まだこの事件が本当にISIL系統の組織によるものなのか真偽のほどはわかりませんが,
今後は切実に警戒する必要が出てきました.

実は,バングラデシュはかなり以前からタリバーンやアル=カイダなどイスラム系過激派の
潜伏国という噂がありました.セキュリティチェックが非常にザルいバングラは入国しやすいし
滞在中に見つかる恐れが他国より低いからです(と言われていました).

それでも,そういった過激派たちは通常,我々外国人はおろか一般のバングラデシュ人には
危害を与えるようなことはしてきませんでしたし,存在も表立ってはいませんでした.
一般人の治安という面ではダッカはそれほど悪くなく,道行く人にも緊張した様子は感じられません.

そのためこの事件は在住外国人には衝撃でした.
私怨や金品強奪目的の強盗殺人ではなく,
もし本当にISILの「敵対国」の国民という事で狙われたとしたら,日本人も他人事ではありません.

ただ私はこれを機にすぐにダッカの治安が悪化するとは思っていません.
おそらくほとんどの人がこれまでとそれほど変わらない生活を送れるのではないかと思います.
ただ今まで以上に「可能性」を頭に入れて行動する必要があるなと感じています.



[グルシャンにおけるイタリア人銃撃事件を受けて]の続きを読む
スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。