ロングプールにおける日本人銃撃事件

2015年10月04日 09:34

[10/4 20:30追記に補足しました]

既に日本でもニュースになっているようなので,一旦まとめます.

概要については報道されている通り,
昨日3日,邦人男性がオートバイに乗った者らに拳銃で撃たれ殺害されました.
事件のあったロングプール県は首都ダッカから北西に300km程離れています.
国内政治が不安定でそれなりに事件なども起こっていたとはいえ,
外国人を狙う犯罪は比較的少なかったバングラデシュで
痛ましい事件が立て続けにおこり,在留外国人に衝撃を与えています.


先日のイタリア人男性の事件と関連して様々な憶測が飛び交う中,
事件発生の数時間後に数名が犯行に関与した疑いで取調べを受けています.
そして現地時間の夜中,本件についてISIL系のツイッターにて犯行声明が発出されました.

ただし,これらは現時点ではまだ確証がありません.


現地でも情報が錯綜してて,事件数時間後に尋問された人たちはISILとは関係なさそうな人たちです.
一方で手口はダッカのイタリア人男性銃撃と酷似していて,早い段階で政府筋も関連を匂わせています.
どちらにも犯行声明を出したとはいえ,本当にISILの支部なのか,
勝手に同調した国内過激派なのか,またはそれらを装った別勢力なのかは不明です.

Webを巡回していると,複数の事件が混同されて伝わっていたり,
憶測が一人歩きしたり,そもそもバングラデシュの認識自体が誤っているものもありました.
中には被害者の方がバングラデシュ生まれという噂も見かけましたが,
66年前にはまだ独立してないよ,とは言わずにそっとブラウザの戻るボタンを押しました.
各報道機関も,それぞれの立場と意図でもって報道のタイミングと内容を測っています.
過剰反応せず,しばらくは静観して行きたいと思います.


ダッカはまだ厳戒態勢というところまではきていませんが,
在留外国人には各国大使館より注意喚起が出されています.


最後に,日本の外務省からも注意喚起が出ていますので,当国に限らず海外在住の皆様はご注意下さい.

バングラデシュにおける邦人殺害事件の発生に伴う注意喚起




※なお,過激派組織の名称について,当Blogでは当初The Daily Starが使用した
「ISIL=The Islamic State of Iraq and the Levant」を使用していますが,
最近はISILやISISよりも「IS=Islamic State」が多くなってきたようで,
名称をどうしようかちょっと考えましたが今から訂正するのも面倒なので当面このままにします.
(依然として3つとも文中には使われていますが見出しとしてより短いISの頻度が上がっています)
当国では,「ダーイシュ」の名称はほとんど使われていません.


コメント

  1. きぃうぃ | URL | u1r8XJQk

    Re:ロングプールにおける日本人銃撃事件

    くれぐれも気を付けてお過ごしください。
    どこででも起こっておかしくない出来事かもしれないけど、
    やはり、身近に起きると怖いですよね。
    私もイスラム圏にいるのもあり、ちょっとドキドキするニュースです。

  2. Naoko | URL | -

    >きぃうぃさん

    お久しぶりですね.
    ここよりもずっと治安が悪い国や地域はたくさんあるのですが,
    今のところ私怨や強盗目的でなさそうなところが不気味ですね.
    ISとの関連は否定的な見方が強いですが,まだ謎ばかりです.
    お互い気をつけましょう.

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事