ワンドロップがクミッラに小学校設立

2016年01月31日 14:53

先週の土曜日,クミッラで日本の支援による小学校が開校しました.

バングラデシュに学校開校 播磨地域の支援団体 

詳細は上記リンクの神戸新聞をご覧いただければと思います.

たまたまご縁があって5年前にワンドロップの中心メンバーの大西さんと
土地提供および積極的に協力されているタリクさんと知り合う機会があり,
小学校を設立する準備段階からお話を伺っていたので
今回の開校式にお声をかけていただける運びとなりました.

ワンドロップ小学校 マジュンダー・ワンドロップ小学校


今回入学したのは小学校一年生にあたるクラス1の20人.

ワンドロップ小学校2 

時間割.一年生から英語があります.

ワンドロップ小学校3 ※クリックで大きくなります

兵庫の中学校からの支援もあったようで,メッセージが届いていました.

ワンドロップ小学校4 ※クリックで大きくなります

5年越しで開校させたワンドロップの皆さんや支援者の方には頭下がる思いですが,
学校を建てるというのは校舎手配や経営計画やカリキュラムなどの準備も大変ですが,
開校してからの運営が本番,子供たちが授業を続けられることが重要です.



ここには入学選抜からもれた周辺の子供たちもいます.
受け入れキャパは限られていますのでどうしても選抜せざるを得ない.
学校が継続して成果が上がったとき,入学できた子供との差が生まれてしまう,
一時的にはそうなってしまうのは避けられないでしょう.
それでも0よりは20,教育の機会を与えられるならということで設立されたことと思います.
教育に対するポジティブな見方が浸透するのであればそれも効果の一つです.
(ドロップアウトしてしまう子供は,親が教育に対する理解がないというケースもあります)

最初の指標となるのは5年生終了時にある全国統一試験でしょうか.
今回入学した生徒がまずはそこまで継続できるように願いつつ,
機会があればまた訪問したいと思います.


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事