ガススタンドでシリンダー爆発

2016年04月11日 20:15

昨日,チッタゴンのガススタンドで,シリンダーが爆発して2名が負傷,というニュース.

Cylinder blast rips apart car

Cylinder blast rips apart car Photo from The Daily Star


バングラデシュで走っている車両はほとんどが日本からの中古車ですが,
ガソリン車の多く派はバングラに着いてからCNG(圧縮天然ガス)でも走れるように改造されます.

セダンのトランクルームやワンボックスカーの座席下,トラックの車体下などに
白いシリンダーがつけられています.

CNGはガソリンや経由などと同じように,街中のガススタンドで充填します.
その補充の最中に爆発したらしいのです.

こういう事故は昔は時々あったけど最近は少ないよ,という声を聞いたことはありますが
今でもやっぱりあるようです.ニュース記事を検索しても毎年数件はありますね.
必ずしもスタンドとは限らず,工場などの場合もあるようですが,
期限切れのシリンダーを使用していると危険ということには変わりないですね.

CNGに乗っていて,途中でスタンドに寄ったりすると「降りろ」と言われるのが面倒だったりしますが
やっぱりちゃんと降りて充填が終わるまで少し離れることにしようと思い直しました.
皆様もご注意を!!



コメント

  1. Tomo | URL | -

    火元は何だったのですかね?

  2. Naoko | URL | -

    >Tomoさん

    ガス充填中にシリンダーが爆発したとあるので
    おそらくはシリンダーが古くて亀裂があったとか
    接続部分に不具合があったとかではないでしょうか.
    詳細は調査中とのことですが..

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事