スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グルシャンのレストラン襲撃事件

2016年07月02日 23:53

既に報道されていますように、
7月1日夜、ダッカの高級商業・住宅地であるグルシャンのレストランを
イスラム過激派のグループが襲撃し、多数の死傷者が出てしまいました。

これまでもバングラデシュではいくつかの事件や災害がありましたが、
今回は未だかつてない数の安否確認の連絡をいただきました。
普段ほとんど連絡を取っていなかった友人・知人からも
安全を気遣うメールをいただき、日本での報道の大きさが察せられます。

私自身は現在ダッカにはおらず、無事です。
一部まだ返信できていないのですが、
ご心配いただきました皆様、ありがとうございます。
昨日連絡をもらい、現地と連絡をとりつつ情報収集していました。
今まではどちらかというとバングラデシュから情報発信する側だったのが
現地からの情報、メディアの報道、当局の発表を待つばかりというのが
こんなにももどかしいのかと痛感していました。

遠方からはただ祈るばかりですが、
犠牲となってしまった方々に心より哀悼を捧げたいと思います。

事件のあったレストランはベーカリーと隣接していて、
外国人にも人気で私も何度か行ったことがあります。
タイミングが違えば、そこにいたのは自分だったかもしれない場所です。
グルシャンはダッカでもセキュリティの高い地区です。
(但しダッカのセキュリティチェックは普段それほど厳しくありません、
そこまで人々の間に切迫する治安状況ではないという認識でした、
外国人のみならずバングラデシュ人も含めて、です)
現地滞在者の衝撃は察して余りあります。
そしてバングラデシュ人たちの動揺もあるでしょう。
店の従業員やドライバーなども襲われたと聞きます。
事件により、バングラデシュ人やイスラム教徒への
差別や偏見が助長されないことを願ってやみません。

ラマダーン最終の金曜日、外国人の多く集まるグルシャンのレストラン、
立地なども含め周到に計画された犯行と推察されますが、
詳細や分析は当局や日本政府に委ねたいと思います。


また、いくつかの報道機関から現地取材のお問い合わせを受けましたが
私は現地にいないため、応じることができません。
関係者の紹介等も控えさせていただきます。
どうかご了承下さい。取り急ぎ。


コメント

  1. のんのん | URL | -

    Re:グルシャンのレストラン襲撃事件

    ご無事でよかったです。
    3、4年前にダッカでお話させていただいた者ですが、自分自身も南米の途上国にいたので、こういう事件に自分が巻き込まれて周りに迷惑がかからないか大変心配でした。現地の会社に勤めましたが「立派に見えるスーツで街中をうろついてるようだけど危なくて心配」と言われて、現地の方の目が私を護ってくれたんだと気付かされました。

    この事件はいろんな原因、要因があるとは思いますが、社会的な不満があらゆる地域でたまってて暴発したようにも思えます。
    世界的な経済格差の増大、環境破壊による生活環境の悪化、ネットの普及でテロ活動や(そこまでいかなくても)反政府活動の情報交換が容易になったりグローバル化で外国人が豊かな暮らしをしているのを目の当たりにしたりと、比較的良い教育を受けている層の学生でも「(イスラム)社会の異分子を排斥すれば・・・」と短絡的な洗脳がなされやすいような状況ではないでしょうか。

    犠牲になられた中にはボランティアで支援活動されていた方もいて大変純粋なお気持ちで途上国援助に取り組まれていたものの、その手すら跳ね除けようとするぐらい社会に不満がたまっているように思われます。ISISが特殊とか、イスラム文化やムスリムの考え方に問題があるというより、援助という形が上から目線なのか?じゃあ現地の方の目線でやるには?ガンジス川で一緒にバタフライで泳ぐとか?!?なんか袋小路に入り込みつつある感じで正直分かりません。
    政治も今の指導者は独立の英雄の子息だったり、良くなる気配が乏しいです。

    旧宗主国のイギリスではEU離脱ということで反グローバリズムの流れが強くなっています。産業革命を起こして物質的な意味での発展をリードしてきたUKが逆方向に走りだしたのは世界的な潮流の端緒かもとすら思います。
    マテリアリズムからスピリチュアリズムへ人間性を高めるような転換ができれば、、時計の針を二世代分ぐらい逆に回すような変革を主導して民衆を納得させるような指導者が出てきて欲しいですが。。。
    http://goo.gl/maps/8higmnM438Q2

  2. きぃうぃ | URL | u1r8XJQk

    Re:グルシャンのレストラン襲撃事件

    ご無事で何よりです。
    どこで何が起きてもおかしくない世の中になってきましたから、
    日本も同じような感じになりつつあるのかなと、
    平成以降史上最多の方がなくなる襲撃事件が起きましたし。
    私は今は日本ですが、国外へ出る際は身辺整理をする必要があるのかもしれませんね。

  3. Naoko | URL | -

    >のんのんさん、きぃうぃさん

    ご返信が大変遅くなってしまいすみません.
    また,ご心配いただき感謝いたします.
    コメントは読めていたのですが,移動中だったことと、
    しばらくパソコンがない生活をしていたのでこんなにも返信が遅くなってしまいました..
    バングラだけでなく,バンコクやインドネシアなどでもテロが起きていますし,
    日本でも無差別殺人などの事件は起きています.
    絶対安全という場所はないのかなと思える昨今ですが,
    かといってあまりに気にし過ぎても精神的に参ってしまいますし,
    気を付けていても事件や事故に遭遇してしまうことはあります.
    やれることはやって,あとは開き直るというのも必要かもしれません.

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。