スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪しき慣例“Renaming”

2010年05月06日 04:21

ダッカの国際空港は,現在の場所に移転してから「ジア国際空港Zia International Airport」という名前で通ってきていました.航空券にもそう記載されていましたね.


ところが.


やってくれました,アワミリーグによる改名.


バングラはアワミリーグとBNPの二大政党制で,クーデターや軍事政権を挟みながらも,概ね交代で政権を取っています.そして政権が変わるたびに,前の政権の政策否定.


・・・あれ,どこか東の遠い国でも似たような事が起こっている気もしなくもないですが.


バングラはそれが非常にあからさまで,政治腐敗とともにこの国の発展を大いに妨げている要因です.その中でも手っ取り早いのが,各施設のRenaming.

例えば,,,

「China Friendship Conference Centre」は「Bangabandhu International Conference Centre」という名前になりました.「ボンゴボンドゥ」は,現政権を担うアワミリーグ党首シェイク・ハシナの父親,ムジブル・ラフマンの愛称.


そして一番困るのが,空港の改名.ダッカの道路や会議場だけなら国内の問題ですが,国際空港ともなればバングラ一国だけでなく,航空機が乗り入れている他国などにも影響します.


新しい名前は,

Hazarat Shah Jalal International Airport


言いづらい・・・


Ziaというのが,前政権BNPの創設者で,現党首カレダ・ジアの夫でもあったジアウル・ラフマンからとっているため,現政権は気に入らなかったのでしょうか.因みに,Shah Jalalは13世紀のイスラム聖者の名前だそうですが.

それにしても,国際空港の安易な改名は混乱を招くだけでなく,莫大な費用がかかります.看板やシステムに入力されている名前の変更や,各国への通知,広告費etc...費用は100億を超えるとも言われています.無駄だ・・・そんなことに使うなら日本からのODAは事業仕分けで打ち切りだっ


日本でなけなしの貯金から税金を払っている身には,愚策にしか思えないよ,バングラ政府.


コメント

  1. Shizuka | URL | -

    Re: 悪しき慣例“Renaming”

    お久しぶりです。名古屋からです。
    空港の名前、変わったんですね。。「まったく何やってんだか」とか思いながら、そんなバングラが懐かしいです。

  2. Naoko | URL | -

    > Shizukaさん

    お元気ですか!?名古屋はどうです??
    空港の名前,デジタルタイムに引き続き費用のムダと混乱を招いております.
    懐かしくなったらぜひバングラへ!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。