スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「子供が・・・」

2010年08月16日 02:35

バングラデシュ人の旦那さんと,日本人の奥さんという,あるご夫婦と話していたときに,興味深い話を聞きました.


ご夫婦は,長らく日本に住んでいて,お子さんが小さいときは保育園に預けていたそうです.

ある時,保育園から旦那さんに電話がありました.

「お宅の○○くんが・・・」

それを聴いた瞬間,バングラ人の旦那さんはとっさに


「○○が何かされたんですか!!?」


と言ったそうです.

そしてその後,奥さんに電話したところ,


「○○が何かしたの!??」


と言ったそうです.


この話,とってもよくバングラ人と日本人の「保護者」の考え方の違いが表れているなーと思いました.つまり,学校でも様々な体制が充分に整っていないバングラでは,まず“子供を守ること”を考えます.でもある程度,学校や施設,そして社会に対して信頼がおける日本では,“人に迷惑をかけない”ことを考える,ということでしょうか.

確かに,子供の頃は学校で叱られといえば「あんた何悪いことしたの」って言われましたよね.今は学校側に逆ギレするモンスターペアレンツとかいうのがいるらしいですが.


因みに,お子さんの真相は,体調が悪くなったので,親御さんに早めに迎えに来て欲しい,との内容だったそうです.


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。