スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コルカタでアライバルビザに挑戦

2010年10月22日 11:32

ダッカのハイコミではうんざりする手続きを経ないとインドビザが出ないことが分かったので(以前の記事),今年から始まったアライバルビザに挑戦することにしました.(条件等はコチラ


まずダッカの空港で,チェックインする際に「インドのビザは?」と聞かれたので,「アライバルビザを取ります,日本人は今年から取れるようになったんです.」と説明.そして予想通りだけど把握していない空港職員.資料をひっくり返したり,上司を呼んで相談.5分ほど待たされただけで確認が取れたようで,すんなりチケット発券されました.

ゲートでボーディングパスをチェックするときにもまた「インドビザは?」と聞かれましたが,チェックインカウンターの所にいた人が「ジャパニはアライバルビザOKだから」と言ってくれて通過.


コルカタの空港着後,イミグレのカウンターにVISA ONARRIVALの文字を探すも,どこにもないので空港職員に聞くと,「ビザないのか!?」とちょっと驚きの顔.すると横からちょっと上級らしい職員が近づいてきて「こっちだ」と,事務所に誘導されました.


「日本人だね?帰りのチケットはあるね?写真は持ってる?目的は観光?」などと一通り質問され,条件をクリアしていることを確認され,Application Formを渡されました.それに記入して写真を渡すと,職員の人が貼り付けてくれました.

それから「前にインドに来た事あるか?」と聞かれ,「4月に一度来ています」というと,「一年に2回しか入国できないから,今年はもうこれで終わりだよ」と念を押されました.そう,インド入国の規則は厳しくて,普通のツーリストの場合,年に2回,そして前回の滞在から2ヶ月以上空けないと入国できないのです.

アライバルビザの料金はUSD60.これをその日のレートでインドルピー(INR)換算して支払います.手持ちが110INRしかなかったので,「日本円替えられますか?」と聞くと,職員同伴でイミグレの外にある,レートの悪い両替屋に連れて行ってくれて両替できました.VISA FEEは2,520INRでした.

それを支払い,無事にVisa on Arrival発給となりました.

パスポートにいきなりぺンで書き出したときには,「え,ビザ手書き?」と思ったのですが,一応スタンプもありました.

Indian Visa on Arrival 手書きのVISA ON ARRIVAL


他にアライバルビザを申請する人はなく,終始なごやかな雰囲気で,職員の人たちは親日的な感じでした.片言のベンガル語を話すと,「この人,バングラ分かるよ」と嬉しそうにわざわざ他の人に教えたり.こういう所はバングラと同じです.


これでダッカ~コルカタはバス,鉄道,飛行機と3つの交通手段コンプリートした訳ですが,まあハッキリ言って飛行機が一番楽です.早いし(40分くらいで着いちゃう),出入国手続きがスムーズ.陸路の場合は荷物を自分で持ってカスタムチェックを受けないといけないので,荷物が多い場合は大変.他の乗客を待たなければいけないので,時間もかかります.

時間がたっぷりあってのんびり車窓を楽しみたい場合には鉄道もオススメですが,アライバルビザは空路でしか取れないので,ビザ取得の分も含めて時間と労力を節約したい人は飛行機ですね.チケットも安いものだと往復1万円くらいであるので,選択肢の一つとして充分に検討の余地アリかと思います.


コメント

  1. yukari | URL | SFo5/nok

    Re: コルカタでアライバルビザに挑戦

    私去年バスでコルカタ行ったけれど、15時間くらいかかって、
    すごいつかれたー!!!!
    でも値段は1200TKでしょ??安すぎ~。
    飛行機は確かに楽。ほんと楽。

  2. Naoko | URL | -

    > yukariさん

    バスは雨季だと特にツライですね.
    イミグレ越えてからのインド側の道が悪い悪い.
    大抵水没してますからね.ボーダーからコルカタまで距離は短いけど時間かかります.
    値段は,1,000TK弱くらいだった気がしますが,値上がったんですかね?
    そこいくと鉄道は一等でも2,000TKくらいでかなり快適でしたよー.

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。