スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

告白,ついに・・・! 

2010年10月29日 23:01

ずっと悩んでいることがあったんです.


いつ,彼に打ち明けようかと...



以前から予感はあったのですが,よくある事なので流していました.


時が経つにつれ,その予感は確信に変わっていったのですが..


でも向こうがあまりにも当然の事のように話し続けるので,
つい,打ち明けるタイミングを逸してしまっていました.



そしてある日.


用事があって家に来た彼が,笑いながらこう話すのです.


「ウチのスタッフがさあ,君の事,女じゃないかって噂してんだよーあははー.」


今だ!今しかない!告白するのだ!

という心の声が聞こえるも,やはり彼の自信たっぷりの態度に,

「いや,女ですけど?」

と言いそびれ...



嘘をくつもりはなかったんです.決して.


でも期せずしてメーカーのオーナーを欺いてしまっていたこの現実.



今日も告白できなかった...


と,メーカーに行く度に若干の後ろめたさを残していた日々.


Order Sheetに思い切り「MR. NAOKO -----」と書かれていても,これまでもいろんなところで「MR.」表記されるのに慣れてしまい(慣れるのもどうかと) ま,いっかと.流してサインしたのがいけなかったのか.

家族の話になり,兄の子供は「男・男・女」の三人だと言ったら,「じゃ,君の兄妹構成と一緒だね」と言われ,この時点で誤解を確信したのに言い出せなかったのがいけなかったのか..


そんな毎日に終止符を打つ日がやってきました.
あれは確かラマダーンに入る前の8月.


メーカーを訪ねていくと,PCの前に座っていた彼が改まって


「今日は君に,ちょっと個人的な質問があるんだけど,いいかな?」


もうこの一言でピーンときましたよ.


でもすっとぼけて,


「いいけど,何?」


するとこちらのテーブルへPCを持って来て座りなおし,徐に口を開いた彼.

「このページを見て」

スクリーンには,Facebookの画面が.


彼とはFacebookのお友達になっているのです.

「実はちょっと混乱してるんだ.ここに,君がプロフィールを更新したというNoticeがあるんだけど,

“Naoko changed her prifile”

ってなってるんだよ.これって,君がプロフィールのところで間違ってFemaleにチェックしちゃったんだとは思うんだけど・・・」

とかなんとか言いながら思い切ったように,


「・・・本当に失礼だけど,正直,男性?女性?」


ついにこの日が来たか.

なるべく普通に,当然のように響くように,

「いや,女性ですよー」


あー肩の荷が下りた気分.

ひたすら誤解していた説明と謝罪をする彼.

いや,アナタ悪くないですから.気にしないでください.

いやーもっと早くハッキリさせておけば良かったかな.いらんことで悩ませて済まない.
でも,ちょっとネタ的に面白いから放置したって部分もあり.ごめんちゃい.


コメント

  1. | URL | -

    Re: 告白,ついに・・・! 

    ブフッ、おかしい。わたしも昔から同じような体験をしてきました。最近は体系的にオジサンおばさんになってきましたが、やはりオバサンおじさんに間違われます。夜道、前を歩く女性がこちらを振り返ってよけい速度を早めたりすると、ああまたかと思います。

    でもバングラでは楽ではないですか? 相手の態度がその後どう変わったか教えてください。ジェンダー分析的におもしろいです。

  2. Naoko | URL | -

    Re: Re: 告白,ついに・・・! 

    彼は典型的なミドルクラスのムスリムなので,
    告白後,どうなるかというのは私もちょっと危惧していたのですが.
    ちょうど注文が一段落して以前よりメーカーに足を運ぶ機会が減ったこともあり,
    単純には比べられませんが,イフタルにも呼んでもらったし,
    表面上の態度はそれほど変わっていないかなと思います.
    少なくともビジネス上は変化ないと思います.

    ただその後も「Mom」と「Sir」が混在して使われていたりするので,
    彼の中でどのように消化されたのかは不明です..

    バングラでは楽かどうか,というのは一概には言えないですね.
    やはり男女の区別はきちんとされている場面は多いです.
    確かにハード・ムスリムと言われる国に比べて自由度は高いですが,
    それはビデシ(外国人)ということで許容されている面が強いのかなと思ってます.

  3. RIGRIMAnobuko | URL | -

    Re: 告白,ついに・・・! 

    ごめんなさい、また名前を入れ忘れました。
    今回の話とは状況がまったく違いますが、わたしの友人が女性と告白したとたんに、同僚男性の態度ががらっと変わったという日本の例を聞いたことがあります。

    バングラでは性差に関係なくビデシ強しの傾向があるんですね。でもnaokoさんの場合は、性差やビデシに関係なく、ビジネス上の一個人として信頼されていたのだと思いますよ。

  4. Naoko | URL | -

    > RIGRIMAnobukoさん

    > 女性と告白したとたんに、同僚男性の態度ががらっと変わった

    むしろそれが普通かもしれませんね.
    私の場合は,態度はそれほど変化なかったですが,やはり平謝りしてました.


    > バングラでは性差に関係なくビデシ強しの傾向があるんですね。

    性差はもちろん関係あるのですが,多くの場面でビデシ特権のが強い,という感じかと思います.地元のムスリムの男性は入れないところでも,外国人男性は見せてもらえるとかいう事は多いですしね.その逆もありますし.

    ただ,「ビデシ」で許される場面と,彼らの文化習慣・パルダーを尊重すべき場面があると思いますのでその辺りのバランスが上手く取れればいいなと,常々考えているところです.


    > 性差やビデシに関係なく、ビジネス上の一個人として信頼されていた

    ありがとうございます.そうであれば,とてもありがたいですね.

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。