スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国東方航空体験記

2011年07月02日 19:01

日本―ダッカの航空券というのは,バングラ関係者にとって永遠のテーマですね.

ビーマンが成田―ダッカ間の直行便を廃止して以来,乗り継ぎ時間と航空券運賃を量りにかける日々.

Air Asiaが超格安路線を羽田から飛ばして話題になりましたが,
難点はチケットが取りにくいことと,片道で一路線ずつ別に購入しないといけないという点.


通しで買えて尚且つ安いチケットを探していたら,見つけましたよ!


中国東方航空(MU)で,ダッカ―成田間往復なんと!


45,000円!


サーチャージ&税込みです.
安いでしょー.往復ですよ.
それで飛びついたわけですよ.

いやもちろん乗換え時間とか吟味した結果ですよ.

行程表を見て一瞬,ダッカ~北京~成田か,乗換え1回だな,,と思いきや.

ダッカ~北京間は昆明経由.北京~成田間は上海経由とあるではないですか.

でもまあ経由だし,機内で待機するか,ちょっとゲートに降りる程度かな.


と思ったら大間違い.


中国は,トランジットでも一度入国しないといけないんですね.
すっかり忘れてた..そういえば前,中国南方航空(CZ)使ったときも広州で一回入国したんだった.

つまり,ダッカを出て最初に昆明で入国(バゲージは北京までスルー,手荷物だけ持って降りる)し,
同じ飛行機に乗って北京へ(この間は国内線扱い??).

北京ではまず飛行機を降りたときにダッカからの乗客と昆明からの乗客は別々のバスに乗ります.
そして北京で一度荷物を受け取り,再チェックイン.
実はダッカでカウンターのオネエサンには「荷物はスルーで成田まで行くわよ」と言われていたけどウソでした.
まあこういうの慣れているので戸惑いはしませんでしたが.
待ち時間は3時間ほど.ゲートの中は何もないのでギリギリまでロビーにいた方がいいです.

そして北京で飛行機を乗換え,上海へ(ここも国内線扱い?).
またもや飛行機を降りたときに成田行きの乗客は別バスに.ここで中国を出国.
ということで,中国ではなにもしてないのに昆明入国,上海出国(しかも同日)という意味のない出入国.
無駄にスタンプ増えた...パスポートページの無駄遣い.

そして北京からのと同じ飛行機に乗り,ようやく成田へ.


ダッカ発午前3時,成田着は午後20時半.(実際は北京で1時間送れたので21時半着だった)



それで結論ですが.


実質乗換え3回は, やっぱりキツイ

昆明はともかく,北京と上海は空港が大きいので,けっこうな距離歩きます.
手荷物が少ない場合はなんてことない移動ですが,バゲージ20kg超えしちゃって
その分手荷物がかさばっている場合にはしんどいです.


ただ一日で到着できるのはまあ便利.(厳密には日付をまたぎますが,深夜発着は同日のようなもの)

そして何と言っても,この安さには負けるので,また乗っちゃうかも.


コメント

  1. あいこ | URL | -

    Re: 中国東方航空体験記

    すごーく参考になりました。

    45,000円かぁ…。安い。でもキツイのかぁ…。

  2. Naoko | URL | -

    > あいこさん

    安いよね!少なくとも経験上最安値でした.

    手荷物が少なかったらそれほど負担じゃないけど,
    ダッカ発着が夜中なのでちょっと疲れるね.
    翌日の予定を入れないという作戦ならいけますよ.

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。