スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貧乏ゆすり

2011年08月24日 15:45

貧乏ゆすりって,なんで「貧乏」ゆすりって言うんでしょうね??

まさか貧しくて冬に暖房器具・燃料が買えないから少しでも発熱するため,とか・・?

それはさておき,バングラ人はかなりの割合で貧乏ゆすりをします.

けっこう激しいです.


知人のバングラ人は「自分の貧乏ゆすりで地震が来たかと思った」と言ってました.


本当か・・?どんだけなんだよ.

自分でも,全くしないということはないですが,バングラ人の頻度と激しさには到底かないません.

そりゃーもうすごいですよ,バングラ人のは.

これ,気にしだすと気になっちゃうんです.

オフィスでもレストランでも,飛行機の中でも.

ガンガン揺れてます,バングラ人.


これはどうやって身につくんでしょうね?

やっぱり周りの大人がやってると自然に子供もやるようになるのかな?


コメント

  1. シューニヤ | URL | 9q1OCZFo

    Re: 貧乏ゆすり

    はじめまして。バングラ在住の者です。
    これ!ちょっと気になる内容だったので、コメントさせてください。
    私の身近には貧乏ゆすりをするベンガル人はいないのですが、貧乏ゆすりをする人にはADHDの人が多いとききます。
    実は、私は密かにバングラデシュ人には発達障碍系の人間が多いのではないかと思っています。一応、専門家たちは民族や地域による発生率の差はないとしていますが、どうかなぁ・・・。誰か研究する人が出てこないかなぁ。

    逆にいうと、発達障碍の人たちのための教育は、ベンガル人の教育にも有効なのではないかと考えることができます。そして、現在の教科書や勉強法ではドロップアウトするベンガル人が多いことも大いに納得がいくのです。

  2. Naoko | URL | -

    > シューニヤさん

    こんばんは,コメントありがとうございます.
    興味深い内容だったので保健婦の友人にも聞いてみたら,

    「ADHDの多動の部分は大人になると消えてくる人が多いから,ADHDと関係ない習慣では?」

    という答えでした.国民性というか,その国の人がよくやる癖みたいなのはどこでもあるようで,
    必ずしも発達障害とは結びつけて考える必要はないのでは,という話でした.

    ドロップアウトが多いのは,教育カリキュラムが悪い(全然面白くない)のと,
    やはり継続して学校へ通うことができない家庭・社会環境が大きいのかなtと私は思います.

    ただ私もバングラに障碍者が多いように感じていて,物乞いのために「障碍者にさせられる」人を
    差し引いても,その数はやはり多いきがしています.昔は,近親婚が多くて血が濃くなっている
    結果なのかなと勝手に考えていましたが,最近はそれほど近親婚もないような気もするので,
    何か別の理由があるのかな.まあ素人なので専門家の研究結果を待つのみですが.

  3. ミチィ | URL | -

    とても興味深い内容なので参加させて下さい(笑)

    オールドダッカの習慣からでしか知りませんが、参考になるかな?
    ウチの地域の人は他地域の方を受け入れたがりません。仲良くはするし、商売もするけど家族にはしたがりません。
    まー理由はこっちのこと細かい習慣を他地域の人には受け入れてもらえないのと、他地域の人ってあまり娯楽をしないのでそりが合わないためなのですが・・・
    古ダッカ民は本当に何においても限度を知らないかと思うくらいハンパないです。


    そのため習慣を守るためには近親婚になりがちで、うちのおじいちゃん世代(祖母の兄弟とか)は従妹同士での結婚もあります。
    そうでなければ、どこかでつながった親戚同士が多いでです。婚約時は知らなかったけど結婚式では相手の親戚なのに見知った顔が多かったりと、本当に血縁者ばかり・・・

    おかげで障碍者は周りに結構多いです。

    田舎では集落で暮らしているので、その集落内での結婚が多いため血はかなり濃いのでないかと思います。現にミルプールでさえそうなのだからもっと田舎では相当・・・

    最近では血縁者同士の結婚は障碍者のが増えるを理解している家族も増えて習慣が改善されつつあります。(ごく一部で)


    それと、貧乏ゆすりは単に癖だと思います。
    幼いころから誰も貧乏ゆすりしても叱らないから習慣になってしまうんじゃないかな・・・
    ウチの父は癖みたいで叱っても治らないし、父方の叔父達もします。
    だけど母方は幼い頃から貧乏ゆすりをすると叱られるから、今でも誰もしません。

  4. Naoko | URL | -

    > ミチィさん

    オールドダッカや田舎の奥の方はまだ近親婚が多いんですね~.
    そこいくとヒンドゥーの人たちはかえってカーストっていう縛りがあるから,
    みんな同じカーストの人たちの集落がだいたいどこにあるか把握していて,
    年頃の若者たちの結婚を親戚や仲人が相談して決めることもあるみたいですね.
    昔,ヒンドゥーの集落を調査してたら,お嫁さんがインドのアッサムから来てました!
    バラモン・カーストは特に数が少ないのでそんなとこからも嫁入りが!と感心したのを覚えています.

    イトコ婚や又イトコ婚が奨励されていた時期があったっていうのは聞いたことがあります.
    中世ヨーロッパの王族なんかもイトコ婚が非常に多くて,歴代同じ疾患を受け継いでたりするというのを
    何かで読んだことがあります.バングラで障碍者が多い気がするのはやっぱりそれもあるんでしょうかね.

  5. hakase | URL | LTq43RdE

    Re: 貧乏ゆすり

    うちの夫も若い頃はよくしてましたね!

    私の母が「日本ではそれは無作法なことなんだけど、バングラではそうじゃないんだね?」と聞いたら、「何か考え事をしているときには、自然にこうなってしまうというか、こうした方がよく考えられるような感じになっちゃってます」とコメントしてたのを覚えてます。

    ということで、これは実は検索「エンジン」だったのだ!

    とまあそれはさておき、ゲップと同じで、ここでは貧乏ゆすりはよくないこととはとらえられておらず、人々はおおっぴらにそれらを公開し、それを見た子供が何の疑問もなくそれをまねするという、なおこさんの推測に私も一票。

  6. Naoko | URL | -

    > hakaseさん

    ほー,考え事するときにやるんですね.
    日本だとナーバスになってる時によくやるイメージですが,
    そういうのも国によって違ったりするのかもしれないですね.

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。