『バングラデシュに嫁いで40年、バングラデシュは私の第二の故郷』

2012年03月04日 23:03

バングラデシュの日本人と言えばこのお方,という神部フセイン営子さんが,
日バ国交40周年を記念して,半生を綴った本を自費出版されました.

執筆中からお噂は聞いていましたが,
遂に完成し幸運にも一部いただくことができたので,早速拝読いたしました.

『バングラデシュに嫁いで40年、バングラデシュは私の第二の故郷』
『バングラデシュに嫁いで40年、バングラデシュは私の第二の故郷』
神部フセイン営子
(自費出版)

写真も多く,大変読みやすいです.
それにしても,独立を生身で体験され,途中4年間の国外生活はありながらも
その後のバングラの紆余曲折と成長を見守ってこられた営子さんにはただただ頭が下がります.
これは資料としても貴重だと思います.

国際結婚,とくに途上国での子育てをしている,またこれからするという方にも,
それぞれ立場や状況が違っても,何か参考になるところがあるのでは,と思います.
ええ,私自身には今のところ縁も予定もないですが.


印象的だったのは,
本の中で,今までの人生で嬉しかったことを5つ,順序立てて挙げていらっしゃることでした.
自分はまだまだ若輩者ですが,それでも今までの人生で嬉しかったことを上から順番に5つ,
と言われると何だろう?と考えてしまいます.もっと後になれば見えてくるのか,それとも...

自分,もうちょっと頑張れるんじゃないの?と思った次第です.


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事