スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアル「いのちの食べかた」

2012年10月29日 17:03

EID MUBARAK!


今年もコルバニ・イード(犠牲祭)が終わりました.
5回目くらいになると新鮮味がなくなり,解体作業をじっくり見学することもなく
ちょっとご飯に呼ばれたりして,さらりと過ぎてしまいました.


さてこのコルバニ.
現在,バングラでは,コルバニの解体作業を庭先などで行っています.
数日前に購入したウシやヤギを庭先に繋いでおき,当日の朝,屠殺となります.
詳細については一昨年くらいに書いた様な気がするので省略しますが,
この各家庭で屠殺するというのに対して衛生・美観の面などで問題となっており,
各家の庭先ではなくセンターでやることにしようという意見も出ているようです.
(現にいくつかのイスラム国ではそうなっているらしい)

一方で,コルバニはバングラ人がとても楽しみにしている行事.
鍋奉行ならぬウシ奉行みたいなおじさんもいて,解体は任せとけ!みたいに張り切る人も.
なにより子ども達はこの時期になると,生きている動物が市場で売られ,
解体されて皮や臓器や肉に分けられ,皮などは業者が引き取り,肉は1/3ずつ分配され,
その肉はお母さんやおばあちゃんが料理して自分の胃袋に納まるまでを見ているわけです.

まさにリアル「いのちの食べかた」!


スーパーでパックに入った肉しか見たことのない日本の子どもより健全かもしれない,と思ったり.


ただ,バングラでは熟成させないので肉が硬いし血抜きも充分でないので灰汁が半端ないです.
鉈でぶっ叩いて切り分けるので,けっこうな大きさの骨が入っていたりするし.
肉の表面が汚れていたりもするので料理する前には洗います.
その辺の加工・処理技術はもうちょっと上達してくれてもまったく構わないんだけど.


コメント

  1. まる | URL | -

    Re:リアル「いのちの食べかた」

    「(命を)いただきます」って言葉が、とてもリアルに感じますね。
    ただ私はやはり解体現場は見られない…
    どうしても体温のある生き物には差別的感情を抱いてしまいます。
    魚は鳴いたってさばけるのに・・・
    断食明けのお祭り騒ぎくらいまでかな…

  2. Naoko | URL | -

    >まるさん

    解体は慣れでしょうか.
    最初は血がぶしゃっと出るのにおおっと思いますが,
    見ているとだんだん感覚がマヒしてくるみたいで,
    バシャバシャ写真を撮ったりしている自分に気付きます.
    日本のスーパーでパックに入って並んでいる肉も,
    環境・技術的には差はあれど同じように解体されているんですよね.
    そういう事実に目をつぶらないでいたいなとは思っています.

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。