スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石は投げてみるもの

2013年01月12日 23:16

昨日,今日と素敵なディナーにお招きいただきました.


昨晩は日本人のご夫婦,今夜はチリ人の年配男性.

そもそも何故このお呼ばれに至ったかと言うと一通のメールが始まり.

ここのところスペ語に全く触れていなかったので,忘れないように今年は
少し勉強する時間を作ろうと,誰か教えてくれる人を探していました.

以前スペ語を教えてくれていたDominica(アルゼンチン人)がネパールへ移ってしまったので,
ダッカのスペイン・ラテンアメリカの人たちの集まる会にメールを出したところ,
いくつかの返信の中に,メキシコ人女性Aさんからのメールが.

「私,日本人であなたと同じように以前メキシコに住んでいたMさんって人を知ってるけど,知り合い?」


知りません,と答えたら「じゃ,今度一緒に会いましょう」という話になり,
あっという間に話が進んで,ディナーが開催されることに.この間僅か3日.

どういう経緯だったか,メキシコ料理をするという話になり,人生で初めてトルティージャを焼きました.
トルティージャを焼くのに油を引くのか否か?で論争に.
油使うでしょ?というメキシコ人Aさんに対し,いや油は使わないでしょ,という日本人二人.
キッチンではスペイン語,というよりメキシコ語(メキシコ訛りのスペイン語)が公用語.
久々にこんなにメキシコ・スペイン語を話した気がします.


Mさん宅のディナーへ同席したチリ人男性のLさんに「明晩は私がディナーを招待する」と言われ,
無理やり仕事を諦め終わらせ,一時間以上遅刻してLさん宅へ.

ここはレストラン?と思う程のインテリアと料理でした.
何でもペルーに居た時に由緒ある料理クラブのメンバーだったとか.
更にギターも演奏してもらいました.「イパネマの娘」などの有名曲+自作曲!
ピアノの方がより得意だとか..料理人でギタリストでピアニスト?
しかも専門は北欧の国際機関で貧困対策.どんなスーパーマンですか..

海外だと,どうせ2年くらいしか住まないし,とか言ってあまり家や生活用品に拘らない人も
結構いると思いますが,このLさんのようにどんな場所でも「積極的に暮らしを楽しむ」という姿勢は
見習わなくては,と思った次第です.少しお金はかかるけど毎日の生活を豊かにするという発想.


2日連続で贅沢なディナーを満喫.

スペ語,英語,日本語の入り混じる楽しい時間でした.
繋がってくれた皆さんに感謝.


最近仕事で忙殺されていたのでとても良い気分転換になりました.
まだまだ一月は大きな案件がいくつかあって気が抜けないけれど,頑張ろうという気になりました.

スペ語を教えてくれる人も見つかったし,外国人ネットワークが密で狭いダッカ,
石は投げてみるもんだなあと思いました.


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。