Savarのビル崩壊事故

2013年04月25日 17:54

昨日,メールやFacebookで安否を気遣う連絡がたくさん入りました.

原因はシャバールでのビル崩壊事故.

バングラデシュでビル崩壊 死者多数

8階建て(9階建設中)のビルが崩壊し,たくさんの犠牲者が出ました.
地震などの外的要因ではなく,自壊したというところが恐ろしいです.

以前から亀裂は入っていたようですが,補修されずに使用続けたため崩壊したようです.

NHK始め国際報道が迅速にされたので世界中の友人知人から連絡がありました.
こんなにたくさんの方から連絡があったことにちょっと驚いています.ありがたいですが.

たしかに現場写真を見たら悲惨な状況.ビルを巨大ハンマーで叩き潰したような潰れ方.

現場はダッカの住宅地からは離れているので,ほとんどの在留邦人には直接被害はなかったと思います.
が,この手の違法建築とか手抜き工事はゴマンとあるので,訪問先でいつ何時この事態に襲われるかは
なんとも言えない所です.可能性でいえばもちろんゼロではないし日本よりかなり高いでしょう.

とはいえ,モノがモノだけに個人が気をつけてどうにかなるレベルでもなく.


たくさんの犠牲者に弔意を表し,今日はNational Mourning Dayとなりました.
ただし,休日ではありません.会社では午前11時に全スタッフで1分間の黙祷をしました.

これを機に,バングラ政府の建築基準と整備点検の制度が整って状況が改善されることを願うばかりですが.


TVや新聞にはビル崩壊現場の生々しい写真がたくさん出ていますが,
目を引いた記事はこちら.

20130425.jpg The Daily Star 2013.2.24
It crumbles like a pack of cards


崩壊したビルの解説図.2006-2007年に4階部分までが商業ビルとして建てられたこと,
その後2008-2012年に5階以上が補強なしに建て増しされ,上階は縫製工場として使用されていたようです.
ビルには以前から亀裂が入っていたことが証言されています.
この図と記事を読んだらまあ崩壊は十分ありえただろうなと思いますが,
実は,バングラに少し長く住んでいる身としては,今回のニュースを見たときに
「ああ,そういうこともあるだろうな」と思ってしまったというのが正直なところです.

事故が起きた事,それによってたくさんの人が亡くなったことは痛ましく悲しいですが
崩壊事故の発生に対する驚きはそれほどなかったのです.

以前にも地盤の緩いところでビル建設中に隣のビルが傾いてきたり,
オールドダッカで建物が崩れたりしたことがありました.
今回ほどの大きなビルと犠牲者がでたのはおそらく初めてではないかと思いますが,
もし地震があれば軒並みアウトの予感ですよ.
えー,どうすればいいのか分からないので,そのまま日常生活を送っている訳ですが...
[追記]

今日,この事故の影響で,工場のワーカーによるデモや投石などの事件が起きているようです.
理解というか,納得できないのは,以前大規模な火災事故があったときもそうでしたが
こういう事故が工場や商業施設で起こると,何故か全く関係ない工場のワーカーたちが
騒ぎ出して投石や道路封鎖といった暴挙に走るという不思議な現象.
それが同様の事故発生のリスクを抱えているために環境改善を求めて,
というと聞こえはよさそうですがほとんどは便乗騒ぎ.

おかげで工場は数日閉鎖して営業を休止したり,金銭を要求されたりするという理不尽なことが起こります.
まあこういうのって絶対に扇動者がいるんでしょうけどね..
なんか釈然としない気分です.


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事