ビル崩壊事故の余波

2013年04月29日 15:21

先週Savarで起きたビル崩壊事故.

事故から数日が経過しても生存者が救出されていましたが,ついに昨日,重機が入りました.
犠牲者は400名に達する勢いで,更にそれを上回る行方不明者がまだいます.
4月にしては例年よりも幾分緩いとは言え,夏のこの時期.
この暑さも生存率に影響したのは間違いないでしょう.


昨日ビルのオーナーのRana氏がベナポールて捕まり,ヘリコプターでダッカに護送されました.
ベナポールはインドとの国境の町.インド側へ逃げようとしていたらしいです.
そして今日,Rana氏の父親もダッカで逮捕されたようです.
オーナーの責任所在はバ法廷に任せるとして,卑近な問題は縫製工場.


事故以来,縫製工場のワーカーが一部暴徒化したり,道路を封鎖したり,労働拒否をしています.
金曜日に荒れたのでBGMEA,BKMEAの二大繊維業界団体が27,28日の両日工場を
閉めるように通達を出しました.今日は解けているのですが,閉めている工場も多く,
また出勤してきても労働拒否しているところもあると聞きました.
特にSavar,Ashulia,Gazipurでは顕著なようです.


ホルタルに続いて,こういう事があると,バングラの産業には大ダメージ.
それくらいバングラ人だって分かっているはずなんですが..
自分で自分の首絞めているよなあ..


コメント

  1. Aki | URL | -

    Re:ビル崩壊事故の余波

    いつも楽しく見させてもらってます。
    今回の事故は本当に悲惨ですよね。
    僕もバングラデシュ 縫製工場ビル崩壊の事をブログを書いてますのでよろしかったらご覧ください。
    「倒壊の朝、命の危険を感じながら労働者は働いていた。バングラデシュ 縫製工場ビル崩壊 死者500人を超える」
    http://tottho.org/samepage/blog/bangladesh/133-collapsebuilding.html

  2. Naoko | URL | -

    >Akiさん

    返事遅れました.
    読んでいただいてありがとうございます.
    ブログ拝見しました,今日もまだ犠牲者が見つかっているようですね.
    事故は本当に悲惨でしたが,そのあとの各地工場での工員の暴動などのダメージも大きいです.
    BGMEAから全工場へ2日間の操業停止通達,その後も業務放棄する工員もいたようです.
    そしてイスラム教団体による昨日のダッカ封鎖,その名残の今日.
    立て続けにネガティブなバングラ報道が続いてしまいました.
    今年は本当に,我慢の年になりますね..

  3. Aki | URL | -

    Re:ビル崩壊事故の余波

    お返事ありがとうございます。
    本当に早く収まる事を祈るばかりですが、一連の流れを見ると、きっかけがこれだったり違う事件だったりするだけで、暴動の根底に有るのは日々の鬱屈したものだったりするのかなと感じてしまいます。
    これからもブログ見させて頂きますね!

  4. Naoko | URL | -

    >Akiさん

    そうですね,独立戦争裁判から始まりイスラム宗教団体の暴挙に発展,
    そしてビル崩壊と,立て続けにいろいろ事件が重なりましたからね..
    要因は違えど外からみれば国が荒れていることに変わりはないですしね.
    騒いでいる人たちも,仰るとおりきっかけは政治的な利権争いなどで煽られていますが,
    不満を抱えているからこその暴動でもあるのでしょうね.

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事