スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月はリプ祭り! vol.1 【アライバルビザ】

2013年08月10日 12:31

EID MUBARAK!

ぼちぼちと続けてきたこのブログですが,気付けば4年が経ちました.
その間にバングラデシュの情報は随分と増え,書籍やTV番組,
インターネットでもかなり情報が集まるようになってきました.
そしてネットで検索する人も格段に増えたようで,時々このブログ経由でメッセージをもらいます.

圧倒的に「~はどうなっているんですか?」という質問が多いですね.
やはりまだ周辺国に比べて現地情報が少ないからでしょうか.

けっこう溜まってきたので,8月はリプ祭り!したいと思いますー.

※【注意】あくまでもごく一部の体験談に基づいた,Naokoの独断と偏見による回答です.
当該諸機関による正式見解や明文化された制度ではないのであくまで参考程度にご覧ください.
「実際は違った!」と言われても一切責任とれませんのでご注意を.【重要】



まずは最も多いこの質問から.

Q:「で,結局バングラってアライバルビザとれんの?」


回答が,なんとも中途半端なんですが...

A:「日本人だったら取れる場合がほとんどだけど,期間と費用は運次第」
※アライバルビザの費用についてはこちらも参照


これほど人によって体験談に差があるものは珍しいですよ.
ある人は「無料だった」,別の人は「50USドルかかった」また別の人は「51USドルと言われた」
期間についても「15days」だったり「30days」だったり...
現在は「無料で30days」が勢力優勢のようですが.

取得方法についても,以前問い合わせてみたら「BOIからの紹介状が必要」という回答があったものの,
実際にはそんなものは必要なく,イミグレのカウンターで申請可能.
念のため写真1枚を持参した方が無難ですが,必要なかったという人もいます.

そして「取れる場合がほとんど」という表現もビミョー.かなりビミョー.
というのも,日本人であれば必ず取れるとは言えないからです.
少なくともそういうルールを文章で見たことないです.
なのでバングラのイミグレがアライバルビザ発給を拒否する可能性は,常にゼロではないのです.
その場合は,お帰りのチケットをご購入いただきまして,そのまま空港から...
直近で帰されたという人は聞いたことがありませんが.

まあ時間が許すのであれば,できるだけ東京もしくは居住国のバ大使館で事前にVISAを
取得してくることを強くお勧めします.とはいえ,中国なんかは国内で取得する方が
大変だったりするので実際にはアライバルビザで来る方も多い訳ですが.

ただアライバルビザは観光客への発給を前提としているので,
もともと特別なVISAを必要とする活動をされる方には向きません.
短期の出張で取引先訪問とか視察とか,またボランティア活動するとかであれば
経験上,問題になることはほぼないですが,行く場所によってはチェックされることも.
特に取材系の方々は,結構バングラ政府がウルサイので自己責任でお願いしますよ.


そして日本以外の国籍の方.ほぼ事前取得必須!
国によってはアライバルビザいけるかもしれませんが,
イミグレのルールが変ったり,そもそも担当官がルール知らなかったりするので
VISAは取ってきた方が,余分な心配も面倒事もないですよ.

てことで,あんまりバシっと回答できないですが,こんなところで.


(2015/1/20追記)チッタゴン国際空港でアライバル・ビザを取得したという人に出会いました.
ダッカのようにVisa on Arrivalのカウンターはなく,係員に聞いたらUSD51のFeeを払って発行されたとのこと.
Sonali Bankのレシートも見せてもらったので,政府としてUSD51でアライバル・ビザの発行規則があるのでしょうか?
それともチッタゴンだから?ダッカは依然として(日本人は)無料で発行されているようですが.


(2015/2/9追記)陸路でもアライバル・ビザが取れるそうです.ベナポールで確認済とのことですが,その他の国境は未確認です.小さいところは発給できないかもしれないので陸路はやはり予めVISA取得してからの入国をお勧めします.

(2015/3/22追記)以前,国際列車の場合は取得できないという情報がありましたが,コルカタからの国際便でも取得実績が報告されました.最近はだいたい交渉すればなんとかなる傾向のようですね.ただし日本国籍以外の方の場合は入国拒否の可能性もより高いとのですのでご注意を.


コメント

  1. chachakoro | URL | -

    Re:8月はリプ祭り! vol.1

    本日2015/3/21。Kolkataから鉄道でBongaon経由、陸路でバングラディシュ入りしました。VISAを持っておらず、インド出国時にバングラディシュ側でツーリストVISA発給に50USDが必要と言われました。バングラディシュのイミグレでは結局1時間ほどかかったものの無料で15日のツーリストVISAをもらえましたよ。

  2. Naoko | URL | -

    >chachakoroさん

    貴重な情報ありがとうございます.
    USD50は至る所で聞かれるので,やはり公式情報であった可能性が高そうですね.
    ただ現在は既に無料発行になっているのを担当官が知らずにUSD50と言い続けているとかでしょうか.
    だいたい「日本人は無料でアライバル取れるはずだ」と交渉したら出してくれた,
    というのが皆様の最近の情報傾向のようですね.明文化してほしいですが...

  3. SUGU | URL | JTp.fVT6

    Re:8月はリプ祭り! vol.1 【アライバルビザ】

    初めまして。先程、在日本バングラデシュ大使館に電話して、ズバリ、
    アライバルビザが取得可能か聴いてみました。

    「日本人なんですけど、ダッカの空港でアライバルビザは取れますか?」
    「あ~、日本人なら取れますよ~」

    「費用は無料ですよね?」
    「空港で取るなら$50かかります」

    ここでも$50のキーワードが出てきましたが、これとて交渉で何とでも
    なるのでは?と思います。
    どうしても費用がかかるのであれば、4色ボールペンでもプレゼントすれば
    ダダになるのでは?などと密かに考えています。
    8月にダッカに行く予定です、楽しみです~!

    ちなみに搭乗予定のキャセイ航空に、搭乗時に事前のビザ取得を義務付けて
    いるか?と問うた所、日本人で30日以内の滞在なら必要無いとの事でした。

  4. Naoko | URL | -

    >SUGUさん

    こんにちは,コメントありがとうございます.
    バングラデシュ大使館はVISA申請書のサーバーがダウンしているときに
    アライバルビザ勧めていたくらいですからね..
    ただアライバルビザの規定って決まっているのか不明で,
    USD50についても数年前から言われたり言われなかったりと全く基準が分かりません.
    現場の係員も慣例として行っているだけで,規定は知らないのではと思ったりします.

    日本の航空会社は情報共有もきちんとされてそうですから
    国内空港から乗る場合はたいてい大丈夫そうですが,周辺国からのマイナー便だと
    チェックインカウンターの人が知らない場合もあって言われるかもしれませんね.

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。