スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LGBT in Bangladesh

2013年11月12日 09:21

11月も2週目に入ってからすっかり秋めいてきました.

「バングラって一年中暑いんじゃないの?」
「乾季と雨季しかないんじゃないの?」


という声も時々聞かれますが,農業国であるバングラでは六季あるとされています.
ダッカではなかなか六季をきちんと実感することは難しいですが,
今は冬になる前の,日本で言うところの「秋」.

雨もようやく終わり,空気は爽やかだし,暑過ぎずいい時期です.
一年で一番いい時期と言ってもいいかも.

蚊が多いのが唯一の難点ですが,10月後半にはものすごく多かったのに,
ここのところ私の部屋では蚊はなりを潜めています.快適.


さて本題ですが.

昨夜のBreaking Newsには目を疑いましたよ.


Hijra photo from bdnews24.com
'Third gender' gets state recognition'


ヒジュラが「第三の性」として内閣で承認されたというもの.

このイスラム国であるバングラで.

これは画期的なニュースですよ.


*ヒジュラについては,以前レビューで『COMMON GENDER』を少し紹介しています.
起源についてはThe independentのこちらの記事などで概要説明されています.


バングラに約1万人存在するとされているヒジュラ.
教育や社会保障面で差別されている彼/彼女達の権利を保障するというもの.
※ただし,ヤクザまがいの恐喝とかしたりしているのも事実.
社会的に認められることで素行が良くなるのであれば言うことはないけれど,そこはどうかなあ.


なんとパスポートにも「Hijra」と表記可能になるとか.

じゃあ「M」「F」と「H」?になるのかな??



アワミ・リーグ政権のラスト・ミニッツに駆け込みで認められたところは,
国際社会へのアピール感が否めないですが,これで恩恵を受ける人がいるならいいのか,と思ったり.
一見,バングラが日本より一気に進んだ気がしなくもないですが.


ただ,ヒジュラって差別されたり避けられとかはしながらも,
古くインドの時代から人々に認知されてきた存在なので,
アンオフィシャルな市民権は既にあったと思うんですよね.

ほとんどが「男性的な身体で,サリーを着て化粧をする」MtF的な人たちという認識だと思います.
(しかも中には単にTransvestiteじゃない?というヒジュラもいたりして定義が微妙)


ここは家族や結婚が重視される社会だし,イスラムやヒンドゥー的観念があるので,
FtMやLGBの人たちが社会的に認められるのは,まだまだ難しそうな気がします.
パキやアフガンに比べれば格段に自由度が高いとは言え,
うっかり公に活動すると冗談でなく命が危ない可能性もあるし.
こ,このブログは日本語だから刺されたりしないよね・・


でも期待もしています.
今後の経過と人々の反応をKeep watching!







個人的に,トランスで真っ先に浮かぶのは『レベルE』の幹久今日子だよ.
今よりLGBTが一般的でない時代に,SFとはいえ黄金期のジャンプであれは衝撃的だった.
富樫SUGEEと思った.『幽☆遊☆白書』や『HUNTERxHUNTER』よりも評価したい作品.


コメント

  1. hakase | URL | LTq43RdE

    Re:LGBT in Bnagladesh

    昔から興味があります、ヒジュラ&LGBTネタ(イスラム的に言ったら、こういうのに興味があるとか、容認してるとかいう時点でアウトなんでしょうが)。小学生ぐらいで山岸涼子の「キマイラ」を読んだ辺りからかな。当時はイマイチ意味がわからなかったけど、わかるようになってからも、じわじわ~と興味が続いている感じです(秋里和国もよく読んでました。あの明るさと突き抜け方はスゴイ)。

    ヒジュラはコミュニティが確立されている部分、むしろ他の国で生きている人たちよりも、アイデンティティが確立&保障されてる部分があるかもしれないですよね。ヒジュラ性の子供が生まれると、親はそういうコミュニティに行って子供を渡してしまうんだとか?ヒジュラ側もとても喜んで自分たちの家族として受け入れるらしいですね、って、本で読んだだけですが。インド圏のような家族主義の国では、お互いにそうやって生きていくのが一番理にかなっているってことなんでしょうね。

    >なんとパスポートにも「Hijra」と表記可能になるとか.

    そりゃあすごい!!

    >一見,バングラが日本より一気に進んだ気がしなくもないですが.

    ほんと、時々負けた気にさせられますよね(笑)。ベビータクシーから一気にCNGに切り替えたときとか、ビニール袋全廃のときにも感じましたよ。しばしば異常に決断が早くてびっくりさせられますが、一体何がきっかけでこんな風に「別人?!」になれるのでしょうね。つっつきどころを教えてほしいもんです。

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. Naoko | URL | -

    >hakaseさん

    山岸涼子?秋里和国?読んだことないですがググったところ少女漫画なんですね.
    最近は漫画でもたくさん作品が出てきているようですね.
    今気になっているのは志村貴子の「放浪息子」ですが,ちょっとまだ手が出せないでいます.

    ヒジュラは本当に,ずっと昔から社会的に認知はされていたので,
    やはりちょっと特別な存在かなと思います.神聖視されることもあるし.
    ただバングラのヒジュラって「職業」的にやっている人もいないか?とか思ってます.
    サリーを着たヤクザ,みたいな連中もけっこういますよね...

    ここはわりと文化的に保守的な南アジアで更にイスラム圏だし,
    他のLGBTはまだまだすぐに許容されるのは難しそうですね.
    そうは言ってもバングラは意外と緩いところがあるし,
    国際社会の潮流見ながら急に「調節」してくるところあるので可能性はある気はしています.

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。