年末年始にかけてのバングラ渡航について

2013年12月21日 10:11

今年は12月になってもなかなか寒くならないな,と噂をしていたら,
3日前くらいから気温が下がってきました.先週はスリモンゴルで10度を切ったようです.
昨晩,珍しく雨が降った影響もあってか,今朝は濃い霧が出ていました.

冬の風物詩,朝霧 バングラの冬の朝って感じ

こりゃー朝のフライトは軒並み遅延だな..とか野暮ったいことが浮かびましたが..


本来なら今はバングラの観光ベストシーズン.

畑一面の黄色いからし菜とか,シュンドルボンやシレット,コックスバザールなど,
結婚式→国内ハネムーンや家族旅行もこの時期がピークシーズンです.

外国からの観光客もこの時期は増えます.
私も年末年始は毎年だいたい仕事をしているイメージです(観光とは限らないけれど).

でも今年は,総選挙にかかわるゴタゴタで中止や延期が増えています.
ここのところ,年末年始にかけてバングラに旅行を計画している方からよくメールをいただきます.
ので,一在住者としての個人的な見地を書いておきます.

このあたり,日本人同士でも感覚は違いますので,
あとは大使館情報とかもチェックして最終的なご判断はご自分でお願いします.
「オマエのBlogのせいでqawsedrftgyhujiko」って言われても責任取れませんので悪しからず.


現在は,日によってバラツキはありますが,来年1月5日の選挙に向けて状況は芳しくありません.
平日はほとんどホルタル(ストライキ)かオボロド(交通封鎖)で交通網が正常ではありません.
(*ホルタル・オボロドについては以前の記事これとかこれ参照)

ただ外国人居住地等は,時々突発的にデモや治安部隊との衝突がありながらも,
普通に生活が出来る程度ではあります.スーパーとかレストランも開いています.

一方,観光で定番のオールドダッカのエリアはというと,
政府期間や学生の政治活動の盛んな大学が集まっているので頻繁に衝突が起こり,
車への投火やカクテル爆弾が破裂していますので,お勧めできません.

そして地方へは,交通手段は飛行機だけと思った方がよいです.
が,空港から市内および目的地までの道が安全である保障はないです.
特にジョソール空港周辺は危ないと聞きました.

主要国道は木を切り倒したり道に穴を掘ったりして車両が通行できないようにしていて,
停まったところで襲われる可能性があります.ダッカーチッタゴンハイウェイではトラックもやれています.
鉄道もレールを剥がされている箇所があり,正常運行していません.
金曜祝日はかろうじて動けますが,その分大渋滞になっていますし,
地方へ移動したはいいけれど,戻って来れない,という事態もありえます.


そして特に,バングラ西部(ロングプール管区,ラッシャヒ管区,クルナ管区)は軒並み危険度が高く,
毎日死傷者が出ています.これは,「お勧めできない」ではなく「行かないことを強く推奨」します.

チッタゴンと丘陵地3県も芳しくありません.


ただ,一旦田舎に入ってしまうと,おそらく世間の騒ぎがウソのような
静かな農村風景が広がっているところも多いと思います.
国中どこもかしこも内戦状態,という感じではまったくないので,
運がよければというか,結構な確率で何事にも遭遇せず,穏やかな滞在ができる気がします.
バングラ人全体に緊迫感が漂っているという所までは行っていないと思います.
例えばダッカで行われる知人の結婚式に出席,というような目的なら問題ないかもしれません.


難しいのは危険危険と言われていても四六時中その場所でドンパチやっている訳では決してなく
一日の中で30分だけデモ隊と警察の衝突があったりカクテル爆弾が投げられても,
あとの23時間30分は静かで何もない,という場所がほとんどなので,危険を感じにくいのです

要所要所では警察が配備されていて物々しさを感じますが,
そうではない場所では自分が通過した時に何もないと「なんだ問題ないな」と思ってしまうのですが,
突発的に起こる衝突や放火は予期できないので「大丈夫とは言えない」のです.
今日すごく平穏でも何かの弾みで明日は荒れるかもしれないという感じです.

車両への放火も,以前のホルタルでは「予定放火」で死傷者は滅多に出なかったのですが,
今回,シャハバーグで大型バスに火がつけられた事件では民間の死傷者がたくさん出ています.



駐在員の中にはそれでも郊外の工場へ毎日通っている方もいますが,
在住者と旅行者では感覚が違う,というのも指摘しておきます.

毎日その周辺を通っているドライバーが運転する車と,
観光客が自分で動くのでは全く状況が違うでしょうし,
現地に知り合いがいなければなかなかリアルタイムの情報が取れないので
ニュースが出ていてもそれを知らないで危険地域に入ってしまうこともあり得ます.

これから1/5の選挙日に向けて緊張は高まるでしょうし,1/5に選挙が行われた場合,
その後数日は野党が反発して荒れると言われています.
(そして軍が仲裁に入り,再選挙というシナリオが予想されています*)
既に選挙管理委員会は12/26から1/9まで,軍隊の配備を要請しています.
*あくまで予想,実際どうなるかは解りません.


だいぶ脅し文句が並んでしまいましたが,個人的にはやはり(特に初バングラの方は)
「あと一ヶ月くらいは延期が可能なら延期してはどうですか?」と言いたいです.
ただ目的と訪問先,条件(緊急性やこちらに知人がいるかなど)によっては渡航もありとは思いますので
最後はご自分でご判断お願いします.でも来た場合も,来なかった場合も,責任,取りませんよ...(震え声


コメント

  1. きぃうぃ | URL | u1r8XJQk

    Re:年末年始にかけてのバングラ渡航について

    「qawsedrftgyhujiko」ってなんだろ
    「”#$%&’($%&」とおなじなのかと思って
    ググってしましましたが すごいこれって出てきますね 笑
    色んな方面でこのブログ勉強になります
    有難うございます でも すぐ忘れちゃうけどね

    さて 状況は結構キツイですよね
    私も出来るなら国外脱出したいです
    いや 帰国したい 出来るものなら。。。
    と 旅行に来るならおとといきやがれって状態ですなぁ
    オールドダッカも激しんですね
    半日でほぼなにも観れてませんが
    前に行っといて良かったなぁ
    チッタゴンヒルエリア行きたかったなぁ
    まぁ 観光しに来てませんので我慢我慢
    さて来年やはり軍事介入の選挙やり直しあるかもですか
    じもち~はそういってますね
    ある意味それに希望を託しているようなニュアンスで
    というよりも強行的に選挙sいた事想定して
    やはり年末年始は国外へ退去しようかしら。。。
    もうオボロドのおかわり(延長)はいらない~~

  2. Naoko | URL | -

    >きぃうぃさん

    lpまで入れればよかったですかね..
    覚えていなくても生活等には全く支障のない知識ですが.

    今週の出だしは,思ったより荒れてないかな,という感じです.
    先週末のいくつかの事件に反応してもっと動くかと思ったのですが.
    軍も出てきたので,多少は落ち着くのでしょうか.全く読めませんが..
    オールドダッカもずっと荒れているわけではないと思うので,
    現地事情に詳しい人と一緒なら行けるでしょうね.
    わざわざこの時期に行かなくても,という気はしますけれども..

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事