アジアカップ開催中!

2014年03月05日 23:07

今,バングラ男達の関心はクリケットのアジアカップだ.

2月末にはチッタゴンのいくつかのホテルから

「3月5日から4月7日までクリケットチームの予約で満室です」

というようなメールが届いていた.
まともなホテルが少ないチッタゴンでは国際大会の場合は
各国選手,審判・役員団,メディア関係者でホテルが軒並み満室になる.

ダッカはホテルが増えたこともあり,そこまでではないけれど
試合のある日はミルプールは一部車両規制がしかれ,渋滞が酷くなる.

昨日はパキスタン戦.


バングラはインドよりもパキスタン戦に燃える.
サッカーの日韓戦みたいな感覚と思ってもらえればイメージできるだろうか.

バングラは先にバッティングだったのだけれど,夕方ちょうど終わったようで,
ネットで速報を見たスタッフが教えてくれた.

「バングラデシュ326!」


今日の新聞で知ったのだけれど326Runというのはバングラの国際試合でのレコードらしい.
Anamulのセンチュリー*も出て,これは勝てるぞムードが漂う.

*センチュリーというのは一人で100Run稼ぐことで(Run=得点),
野球の満塁ホームランと,サッカーのハットトリックを足して2で割ったような感じだろうか.
とにかく点をたくさん稼いで大活躍したってこと



パキスタンもお返しでRazzakという選手が103Runのセンチュリー達成.
でもその後の点数の伸びが芳しくなく,ほぼこのままタイガース**が逃げ切るかと思われた.

**バングラデシュのナショナルチームの愛称

が,結果はこのとおり.

Afridi breaks Tigers' hearts Photo from The Daily Star

表情からお察しください.


Afridiというパキスタンの選手が,試合の流れを変えた.

イキナリ「6」(野球のホームランのようなもので一気に6点入る)を連発.
そして何よりバングラ人の心を折ったのは,
タイガーズのヒーローShakib-al-Hasanから3つの「6」を打って一気に流れをパキにもっていたこと.
ShakibはサッカーのFIFAにあたるICCのMVPに選ばれたこともあるオールラウンド・プレイヤーで
バングラ・クリケット界の誇るエース.会場はさぞ青ざめただろう.
(3年前のウェスト・インディーズ戦の悪夢が蘇る...)

「敗因は一つ.Afridiにやられた」


ってキャプテンもインタビューで言ってた.



・・というのを,試合は一球も見てないけど書いてみた.
サッカーは映像見ないとイマイチなんのこっちゃ分からない気がするけど,
野球とかクリケットはテキストでも割と楽しめるもんだとバングラに来て知った.


ちなみに女子チームはパキ女子に勝ったようだ.


『黄昏の岸 暁の天』が4月1日発売告知!
次はついに書き下ろし新刊ですね,小野主上!!


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事