スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清涼飲料水の選択肢

2014年05月18日 09:28

バングらに限らず,海外でちょっと不便なことの一つに,
「清涼飲料水」の選択肢が非常に限られるということ.

もちろんどこでも「水」という選択肢はあるけれど,
できればちょっと味がついていてほしいという気分の時ってあるじゃない.
小さい頃,あまり水を飲むという習慣がなく,家ではだいたい麦茶とか烏龍茶だった.
コンビニや自動販売機とかで水が売り出されるようになったときは,「わざわざ水を買うのか」と思ったほど.
(これは飲用可能な水が豊富な日本だからこそなんだけど,小さい頃はそんなことわからかなった)
それまで自販機で売ってる水といえば「力水」くらいしか....あっと脱線した.

そうすると,どこの国でも用意に手に入るのがコーラやスプライト,ファンタなどの炭酸飲料だけれど,
私は炭酸飲料水があまり好きではないのですよ.嫌いではないけれど普段それほど好んで飲まない.
なかでも,あの一見普通の水かと思わせておいて,うっかり飲んだらチクチクした!!
という炭酸水はもはや憎んでいる,と言っても過言ではない.
学生のころあれに何度ヤられたか...

日本では缶やペットボトルで様々なお茶類とか,ジュース類が充実しているので
気分や気候・体調に合わせてたくさんの選択肢がある.新製品もバンバン出ている.
ちょっとあり過ぎて,久々に日本の自販機に向かうと何選んで良いのか分からないくらいだ.

そこいくと海外は炭酸以外の選択肢は限られてくる.
バングラでは,長らく以下の3つに限られていた(乳飲料は除く).

①レッドブルやRoyal Tigerなどのエナジードリンク
②マンゴージュースもしくはマンゴーフレーバーのドリンク
③輸入物の缶(コーヒーとかポカリとかゲータレードとか)

①②はたまにならいいけど,普段飲みには正直きつい.
③は予算がね...紙パックの1Lジュースなんかも高額だし.


しかし去年くらいから明光が.

「i am real」ブランドのビン入り100%ジュースを発売.
PranはPET入りのアップル・ジュースを発売.

PRAN & i am real  買ってみた

左がPRANのアップルジュース,右がi am realのパインジュース


Pranはマンゴージュースで不穏な噂がたったので若干不安は残るけれど.
まあそこはやっぱり試しますよね.どちらもまあまあでした.

i am real の方はオランダ系資本が入ってて,この100%ジュースを去年から大体的に売り出している
ホテルの売店でもフライヤーを見た気がする.
選択肢が増えてくるのはよいことだ.





こないだの帰国で仕入れた山口智子の旅シリーズ第2弾 『北斎とドガ』DVDを観た.
『Letters』は未来永劫DVD化しないのだろうか...もう10年待っているのだけれど.
無理かなあ...はぁ.


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。