イリッシュ乱獲の不安

2014年12月09日 19:05

いやーすっかり冬めいてきましたね.
街行く人も厚着になり,店先に靴下や毛布が並び,
朝夕は薄手のシャツでは肌寒く感じます.

そんなバングラですが,紙面をチェックしているとここのところ農業関連の記事が目に付きます.
The Daily Starの見出しとリード文だけ追っても毎日と...

12/5付
Vegetables aplenty for Dhaka
Rich supply promises happy winter for city dwellers


12/6付
Farming nearly mechanised
Farmers bag more crops; come new jobs, go old ones


12/7付
Farmers suffer for weak marketing infrastructure
Analysts say growers do not get fair price in absence of proper preservation and packaging facilities


一面や最終面の差込写真でも収穫や配送の様子が連日見られます.

Farmers taking harvest Photo from The Daily Star 2014.12.8

縫製業が注目を浴びていますが,農業国でもあるバングラは今が農繁期です.


でも,私が気になったのは農業よりも漁業,
Hilsha(イリッシュ)が乱獲されているという記事でした.

イリッシュはバングラの国魚.
雨季の終わりごろからシーズンを迎え,バングラ人が大好きな魚.

Spawning zone not safe yet
Field-level officials for extended hilsa catching ban

バングラデシュのイリッシュの漁獲高は年々上がっていて,2013-14年で38万5千トン.
これは2008-2009年の29万9千トンから5年で8万6千トンも増えました.
特に問題になっているのが,産卵期のマザーイリッシュと稚魚の乱獲.
既に産卵地域での漁獲は政府が禁止しているにもかかわらず,なかなか歯止めが利きません.
このままでは翌年以降の生息量,漁獲量に影響するという懸念がされています.

Spawning Zone not safe yet Photo from The Daily Star 2014.12.3

よく聞く話ですが,バングラ人にとってイリッシュは特別な魚なので政府に頑張ってもらいたいところですね.

(日本人でいったら,ウナギと秋刀魚を足して2で割ったような位置づけかな...
なんて考えていたら秋刀魚が食べたくなった...自爆)



最近,ミトコンドリアに関する本を読んでいるのだけれど,
クエン酸回路とか出てきて,高校時代の生物図説が手元にほしい.
あの頃は完璧に覚えていたのに...


コメント

  1. おじじ | URL | -

    Re:イリッシュ乱獲の不安

    これ、サバヒーだと思います。
    ミルクフィッシュといいますが、台湾でもよく食べられています。
    ただ、南方の魚なので、日本は生息域ではないようです。
    小骨が多いと聞きましたが、食べてみるとおいしかったです。
    ただ、鮮度が大事ですね。

  2. Naoko | URL | -

    >おじじさん

    サバヒー??と思って検索してみましたが..関係が分かりませんでした.
    こちらではベンガル語でイリッシュ,英語ではHilshaと呼ばれます.同科の亜種でしょうか.
    カレーにも使われますが私はグリルの方が好きですね.小骨は多いですが.

  3. Naoko | URL | -

    >おじじさん

    その後,魚に詳しい人に見てもらったら
    「サバヒー(Milk Fish)ではない」とのことでした.
    やはりHilshaというのが英語名のようです.

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事