bKashを使ってみた

2014年12月30日 19:54

前回の記事に載せた,戦勝記念日に襲撃されたランガマティの少数民族へ,微力ながら送金しました.


バングラ国内からの送金はbKashというモバイルバンキングを利用します.

bKashは銀行口座を持てない低所得層の人たちが送金できるシステム.
詳しく知りたい人はコチラを参照してください→bKash

街中のこの↓マークがあるところで送金手続できます.

bKash


Grameen PhoneやBanglalinkの携帯チャージができるブースやCyber Cafeにあることが多いです.

bKashのシステム自体は知っていたけれど,実際に送金するのは初めてでした.
オフィスから近そうなところを検索して,Robiの営業所に行ったところ,かなり混んでいて,
おまけにbKashを利用する人が少ないのか,窓口対応があまり良くありませんでした.

「いくら送るのか?」と聞かれたので「Tk5,000」と言ったら
「Five thosuand only?」と言われたし.いくらだっていいだろ.

しかも,回線が混んでいたからなのか,番号は合っているはずなのにエラーが出て遅れませんでした.
一旦会社に戻り夕方リトライ.

Robi以外のところで,と思いスタッフに近場のbKash使えるところを聞いて行ってみたら,
携帯のチャージしかできないところだったというトラップに引っかかりながら,
グルシャン2サークルのCyber Cafeでなんとか送金完了.

普段はけっこういろんなところで見るような気がするのに,いざ探すと意外とないんですよね.
かろうじて送れるところでも,Tk1,000までしか送金できないと言われたり.
そう考えると携帯のチャージは本当にどこでもできるなあと感心しました.
グルシャン2までに少なくとも5-6ヶ所はあったように思います.
GPやBanglalinkの青やオレンジの看板はどこでも見るし.

bKashの送金方法は携帯チャージとほぼ同じ.

①送金先の携帯番号と送金額を伝えると,オニイサンがノートに番号を書いて確認します.

②このとき,送り先の携帯番号はPersonalかAgentかと聞かれるので,事前に確認しておいた方がいいでしょう.
なるべくAgentの方がいいようです.

③送金額は手数料込か別かを聞かれるので,別の場合は送金額+手数料を払います.

④オニイサンが携帯を操作して番号を再度確認,OKなら送信ボタンが押されて送金完了です.
(この時,番号が違っていると知らない誰かにお金がプレゼントされるので確認は必須です.)


外国人が普通に暮らしているとあまり利用する機会のないbKash,勉強になりました.


コメント

  1. まる | URL | -

    恒例の年末ユニセフ募金の振込と一緒に、微力ながら、私もゆうちょから送金させて頂きました。
    かつて日本でも少数民族問題はありました。(私も実感のない世代になっていますが)
    自分達とは違う思想や民族、違うものに対して寛容な世界に、弱いものに優しい世界になって欲しいと、新年は神様に祈ります。

  2. Naoko | URL | -

    >まるさん

    ご支援ありがとうございます.
    日本でも報道されているロヒンギャと違って少数民族の差別問題はあまり伝わらないのですが,一人でも多くの人の眼に触れればと思って書いています.そこから先の判断については,読まれた方に委ねることになりますが,まずは知ってもらうことが大切かと.

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事