実際のところバングラの治安はどうなのか?

2015年01月15日 12:16

与党ALと,野党BNPとその仲間たちによる抗争はまだまだ続いています.

一昨日の夜にはグルシャン2のWestin Hotelの前で野党BNPの総裁アドバイザーの車が
襲撃されて炎上,アドバイザーは4発の銃弾を受けてUnited Hospitalに搬送されました.
命に別状はなかったようですが,それを受けて本日は全国一斉ホルタルです.
安全といわれるグルシャンでの事件には驚きましたが,現在街は比較的落ち着いています.


今月に入ってからの状況があまり良くないため,
日本始め各国からの出張や赴任が軒並み延期になっています.
(※ただし,ビッショ・イステマは予定通り開催されているので空港は混んでいます.)

出張に来られた方々も,移動制限やアポイント先の都合で予定を変更せざるを得なくなっているようです.


こちらにも会社やこのblogを通して現地状況の問い合わせが来ています.


実はこの「現地状況」というのがなかなか難しく,回答するのに頭を悩ませます.

まず,現地に居る日本人とっても,所属や立場,住居・職場の場所,情報ソースによって
今回の状況に対する認識と危機意識はかなり違います.

もしかするといろいろな人に聞けば聞くほど情報が錯綜して混乱する可能性があります.

外務省の海外安全情報では,危険度は1,ランガマティが2で以前と変化がない他,
スポット情報として以下の2つが出されていますが,渡航を禁止したりするものではありません.

バングラデシュ:野党連合による全国規模の抗議運動実施に関する注意喚起
バングラデシュ:チッタゴン管区ランガマティ市における夜間外出禁止令の発出に伴う注意喚起


公的機関である日本大使館,JICA,JETROでもそれぞれスタンスは違いますし,
民間企業にいたっては会社・工場の場所と状況によりそれぞれ独自の判断をしています.
学校はアメリカンスクールはホルタルでも開校,日本人学校は開校と休校を随時判断,
ローカルの学校は私立では開けているところもありますが,ホルタルによる休校が相次いでいます.

バングラデシュ全体で見れば,ダッカは比較的守られています.
BNPのグルシャン・オフィスやダッカ大学近くなど,要所要所では警備が強化されているものの,
街はかなり動いていて,交通封鎖とはいえバスも運行,リキシャやCNGはむしろ稼ぎ時となっています.
本日はホルタルも追加されたために交通量は昨日までに比べて少なめですが,
多くのオフィスや店舗が通常営業をしています.

国際的な公的機関では自宅待機の職員も多いですが,各国使館はもちろん開館,
民間企業の場合は,外国人駐在員が出勤できない場合でもオフィスや工場はほぼ稼動.
街行く人々にもまだそれほど差し迫った緊迫感は感じられません.

ただし,カクテル爆弾の投下と車両への放火は目立ちます.
ダッカ・郊外問わず,今年に入ってから既に150台を超える車両が燃やされています*.
バッダやグリスタンなどのしょっちゅう燃やされる場所以外でも,報告が聞かれます.
また普段のホルタル時での車両炎上にはあまり犠牲者が出ないのですが,
今回はダッカや地方で多くの死傷者が出る結果となっています.
*Source:The Daily Star Reportes:

Trouble-makers, watch out Photo from bdnews24.com


地方は特にハイウェイが危険です.
車両での移動は避けた方がいいでしょう.
長距離のバスやトラックはイステマをきっかけに動き始めたようですが,一部流通に支障があります.
またラッシャヒやシレットなどの都市部では与野党の小競り合いが頻発しているので危険度は高いですが,
地方都市全体が緊迫しているという訳ではなく,政党支部や国立大学・マドラサなどで
時折衝突やカクテル爆弾が投げられるも,それ以外では日常生活を送れる状態だと思います.
(※ただし,ランガマティについては例外です.前記事参照)

また大部分の農村部は平和でしょう.
それでも突発的に起こる事件のために「安全です」とは言い切れないのですが,
一度田舎へ入ってしまえば普段のバングラとほとんど変わらないと思います.


という,やはり曖昧な書き方になってしまいましたが,私の肌感覚で言えば,
状況は悪いながらも今すぐに危険が迫っているというほどの緊迫感はない,という感じでしょうか.
一般民間人であれば,昼間のグルシャン・ボナニであれば徒歩で出歩けるレベルです.
夜間はやはりなるべく出ないほうがいいでしょう.


※上記,あくまでも私の個人的な感覚です.
各自での情報収集と自己責任による判断での行動をお願いします.


コメント

  1. | URL | -

    Re:実際のところバングラの治安はどうなのか?

    知人が月末のjetroのイベントに出店するのですが大丈夫かな。
    まぁ、彼女自身は20年近くかかわっていて慣れているんでしょうが...
    こうやって経済活動止めちゃうと、
    観光での収入も少なくなっちゃうのにねぇ。
    小学生の公園陣取り合戦じゃないんだから、
    別の方法でやりあってくれればいいのに。

  2. Naoko | URL | -

    Re: Re:実際のところバングラの治安はどうなのか?

    明日,ビッショ・イステマの後半が終了するので,
    明後日以降にどうなるかで判断でしょうね.
    JICA関係者も1/20まではダッカ入りを止めていると聞きました.
    まあもともと観光収入は多くないのですが,それでもやはりシーズンですし,
    それ以上にビジネス関連での損害が大きいですよね.
    本当に,20年も前から同じ事してて,ホルタルとかバス燃やす以外の方法は思いつかないのかと.

  3. Tomo | URL | ZybRg6Ao

    Jetroのイベントは中止になりました。
    私は来週の火曜日にダッカ入りです。
    注意して行動します。

  4. Naoko | URL | -

    >Tomoさん

    あ,既に中止の決定がされたのですね.
    情報ありがとうございました.

    明日のイステマ最終日後にどうなるかはバングラ人でも分からない状態です.
    いつもより現地メディアの報道をチェックしていきましょう.

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事