スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かくも罪深き結婚話

2015年01月17日 19:49

今日の明け方,3時ごろに轟音と共に雷雨が.
バラバラと音がしていたので,雹も降っていたみたい.
そういえば昨日はチッタゴンでも雨だと聞いたような.
今日も一時雷が鳴ったり雨が降ったり.乾季のこの時期に珍しい.



先日,今進めている案件の打ち合わせで地場の大手企業のオフィスへ行った時のこと.

その時はたまたま単身で行ったのだけれど,向こうのDirectorやらGMやら数名と少し雑談になり,
例によっていつもの「結婚しているか」話になった.

「結婚しているのか?」

と聞かれたので

「してない」と答えると,

「お前は何歳だ?」

「いつ結婚するんだ?」

などと延々....


ところでベンガル語では「結婚していない」と言う場合に
自らの意志で「結婚しない」と,何か問題があって「結婚できない」という意味合いになる別の動詞があるので,
どちらを遣うかでニュアンスが違ってくる(前者はKORA,後者はHOWAを遣う).

どうも話の途中で,「結婚しない」の単語の未来形を遣ってしまったらしく,
「おお!一生結婚しないっていうのか!?」とからかわれたりしたんだけれども,
まあそんなの全く許容範囲だよね.

ただその辺りの言い方や文脈で途中から「あ,これは...」と気づいたんだけれども,
まあ雑談だし訂正するの面倒だからそのまま流した.で,

「バングラデシュの女性はどうだ?」

とか聞かれても流せるスルースキルが既にバングラ生活で身についている.

(英語交じりの)ベンガル語での雑談だったので,そういう時は場の雰囲気を優先していちいち訂正しない.
あとで齟齬が出たら外国人特権で「ベンガル語分かんなかった」と言い訳することにしている.


「で,結局結婚するのかしないのか?」

と聞かれたので

「インシャッラー」(アッラーの思し召しのままに)

と答えたらクリティカル・ヒットだったらしく一同大大爆笑


まあ,それで円満に終了すれば良かったんだけど.


一応社用で行ったので,仕事の話もする.
メール内容をチェックしてくれと言われたときに,文中の全員「Mr.」になってて,
さらに念押しで「全員Mr.でいいね?Ms.はいないね?」と聞かれた.
ここで告白すべきか一瞬でものすごく迷ったが,ここまでに散々あの流れでやっておいて
今更「Ms.」に直してという勇気が,どうしても持てなかった...神様ここに懺悔します.

そのメールでは,出席者として名前が書かれているだけなので
「Mr.Naoko」で送られても別段問題はなかったけどね.
でも,これから名刺にもMs.って書いた方がいいのだろうかとちょっと思ってしまった一幕.






目を閉じて見えるもの それは  深く 切なく 鮮やかな  愛しい緑

高槻くんよりも緑くんに,より共感を覚えるのです


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。