1000年前の仏教僧院

2015年03月16日 20:04

少し前のとある金曜日にムンシゴンジはビクランプールにある発掘現場を見学してきました.

アティシュ・ディパンカル・スリギャンという高僧に関連する,約1000年前の仏教僧院だそうです.
ジャハンギノゴル大学の考古学研究室と,中国の大学の共同発掘で,
現場を尋ねたときはバングラデシュ人のスタッフの他に中国の発掘隊の方が数名いました.

バングラデシュは今でこそイスラム教徒が9割近くを占めるムスリム国となっていますが,
イスラム教徒が普及する以前はヒンドゥー教や仏教が栄えていてました.

説明看板はベンガル語で読めなかった...かろうじて数字だけ.

Buddhist Vihara

近くの高校の先生が数名来ていました.

Buddhist Vihara2

サイト横のテント.中国からの発掘隊.

竹で囲ってある部分には関係者しか入っちゃダメだよと言われましたが,
反対側は民家もありその気になれば入れるという,安定のバングラ仕様.

Buddhist Vihara3

流石にこの下のところに降りたら怒られそうなので入ってません.

Buddhist Vihara4

この遺跡はまだ数年前に発見されたところで,発掘が開始されたのも2013年からとのこと.
アティシュ・ディパンカルは9世紀に活躍した人物らしいですが,彼の後もこの地域は
チャンドラ朝(AD900-1050年),ヴァルマナ朝(AD1080-1150年),セーナ朝(AD1100-1230年)時代に
重要な仏教センターとして機能していたとのことです.

しばらく見ていると,発掘隊長であるジャハンギノゴル大学のラフマン教授が来て,
「ノルシンディにも都市遺跡があるから来週にでも見に行くといい」と言われました.
来週,にあたる金曜日は忙しかったので,そちらはそのうち行ければと思っています.

Buddhist Vihara5

バングラは文化的には非常に豊かな地域なので発掘しがいがありそうですよね.
いかんせん,時間とお金がかかるのでそんなにはできないでしょうけれど,続報待ちましょう.

Buddhist Vihara6

遺跡のすぐ脇に魚獲りの網が干してある生活臭がいい.




インドでついにDDLJラブゲット大作戦が,20年のロングランに終止符とのニュースが流れて,
学生のころシネマスコーレで観たのをしみじみ思い出していたら,打ち切り発表後数日で
市民からの要望多発で即継続決定って.やっぱシャー・ルク・カーンすげえわ.


コメント

  1. Naoko | URL | mQop/nM.

    3/18 鍵コメントの方へ

    3/18付でこちらの記事にいただいた鍵コメントを,うっかり削除してしまいました.復活の仕方が分からないのでお手数ですが再度コメントいただくか,メールください.

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事