スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アビジット・ロイ氏殺害事件に関する報道について

2015年03月15日 08:07

先月26日にバングラデシュ系アメリカ人のアビジット・ロイ氏が
ボイ・メラ(ブック・フェア)の帰りに殺害された事件は,バングラのメディアやCNNのみならず,
日本メディアでも記事になっていたので,目にされた方もいると思う.

事の次第はバングラ語・英語・日本語それぞれで読めるので
気になる方は各自検索していただければと思うが,
その中の記事で気になるものがあったので指摘しておきたい.

2月28日付けの毎日新聞のウェブ記事の見出しが,

バングラデシュ:イスラム批判ブロガー殺害される」となっていた.

本文内では「イスラム過激派に反対するブログを開設していた」となっており,
きちんと「過激派」という言葉が遣われている.

だがニュース記事はタイトルが重要なのはここで私が今更指摘するまでもないことで,
「イスラム批判」と「イスラム過激派批判」ではえらい違いだ.
うっかりすると日本語読者に「イスラム教を批判したブロガーが殺害された」という誤解を与えかねない.
ロイ氏は名前からしてもともとヒンドゥー家系の出身と思われるが,
“アメリカに帰化したバングラデシュ人が本国のイスラム教を批判”というような文脈で
捉えれられる可能性が...というのはさすがに穿った見方かもしれないが,
少なくともイスラム批判というのは誤解を生じかねない表記だ.

2週間たった今も訂正されていないので,記事を書いた(もしくはウェブにアップした)
担当者は気にしていないのか,気づいていないのか.
この毎日新聞の記事はかなりいろいろなニュースサイトやまとめサイトに
転載されているのでけっこう拡散しているようだ.
(そのそも日本語のソースが少ないので海外メディアの翻訳でない
この毎日新聞の記事が使いやすかったという事情はあるのかもしれない)

ISISの事件などでただでさえ日本人には「イスラム=怖い,暴力的な宗教」というイメージが
一部で広がりつつあるなかで,もう少し神経を使ってもいいと思う.
「イスラム国」の呼称が世間でも取り沙汰される中,政府が「ISIL」と呼ぶことに定めた後も
日本のメディアは長らく「イスラム国」を使用していた(一部は今も).
これって何かメディア間で取り決めみたいなのがあったのだろうか?


とにかく,イスラムとイスラム過激派はちゃんと分けて記述してほしい.


日本人だってかつての日本赤軍やオウム真理教の事例をもって
「日本人は極悪なテロリストだ」とレッテルを貼られたり,
海外で嫌疑の目で見られるるのは歓迎しないだろうから.




コメント

  1. まる | URL | -

    私はイスラム教徒の方だと勝手に思っていました。イスラム教徒が怖いと言うより、バングラも意外に危険だなと身を引き締めた感じです。
    サリン事件や赤軍ハイジャック事件など、あったのに日本人は既に喉元をすぎて暑さを忘れてるし。
    友人とも話していたのですが、八百万の神を崇めていた日本人は何でもありありの時もあったら、わからないものや違うものな対して、村八分のような過剰な反応をしたりわかりにくいなぁって話してあました。
    そんなこんなで、日本でもよくわからないイスラム教は怖いと判断する方が多いです。
    キリストはミュージカルになっているし、ブッタは漫画になっているけど、偶像支配がダメでも、イスラム教徒の生活なんか描いたものをみたかというと、全く記憶にありません。何にも知らないので、東京ジャーミーと言うモスクで開かれたモスク見学会に行ってきました。(シャプラニール主催)
    日本人が違いを楽しいと思える余裕をまた、取り戻して欲しいと切に思います。(昔東寺には『みんなちがってみんないい』ってかいたあったな)

  2. Naoko | URL | -

    >まるさん

    アビジット・ロイという名前を聞くと,普通はヒンディーかと思いますが,
    アメリカで改宗もしくは無宗教となっているかもしれませんね.
    全体的な治安はまだまだ緩いですが,歴史的に暗殺などはけっこうあるんですよね.
    一昨年もバングラデシュ人のブロガーが殺害されていて,批判も命がけです.

    よく分からないものを怖がる・攻撃するというのはある種本能的な反応であると思いますが,
    私は日本人の総体的なリテラシーは高いと思っていますので,
    その段階に留まって欲しくないというのが希望ですね.これは,自戒も込めてです.

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。