スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バングラデシュで電子書籍を使ってみた

2015年05月14日 08:42

今日は,バングラデシュでの電子書籍利用について書きたいと思います.

こう見えて,Naokoは遠い昔,文学少女でした.

え?少女だと?って突っ込んだ人,放課後に体育館裏に来るように.

学部もなんと文学部出身!(といっても文学専攻じゃありませんでしたけどね)
とにかく,活字を読むのは結構好きです.
漫画はもっと大好きです!バンッ!!

ということで,海外生活が長くなってくると新刊が出てもPCの前で指をくわえているのがつらい.
運がよければ日本から出張なんかで来る人に頼めるけれど,何冊も頼むのは気が引けるし,
発売タイミングが合わない場合もあり...などと不可抗力に左右されます.

そんな時に電子書籍は便利ですよね.っていう話なんですが,だらだら長く書きすぎたため折りたたみます.
ご興味のある方だけどうぞ↓
基本的には私は紙の書籍派です.
やはりあの書店の雰囲気から始まって紙で読む楽しみは電子書籍には代えられないものがあります.

とはいえ,海外にいるとなかなか欲しい本や漫画は手に入らず,それでも読みたいわけです.
電子書籍のメリットは他で語りつくされているのでここでは割愛して,
バングラデシュでどの電子書籍を利用しているかについて参考までに書いておきます.

まず,海外での電子書籍の利用については,非常に参考になる下記のブログを参照しました.

海外からも利用できる日本の電子書籍ストアは? By olivegreenさん
海外からの購入に対応している電子書籍ストアはどこ? By 鷹野凌さん

公式で「海外での利用不可」となっていても実際には使えたり,
「利用できる」となっていてもDLができなかったりという実態があります.
またアメリカやヨーロッパなどの国と,バングラデシュでは状況も違うだろうと思われます.
上記を踏まえて,私のごく限られた電子書籍経験@バングラデシュについてご報告します.

まず始めに,私のPCはバングラで購入したacerで,OSは英語版Windows7です.
タブレットは日本購入のSONY Xperia Z-3タブレット(AndroidOS)です.
使用クレジットカードは日本発行のVISAかmasterとなっております.


■Kindle
電子書籍の走りであるKindle.書籍数が圧倒的に多く,Kindleでしか出ていない書籍もあるため,
これが使えると非常に心強いわけですが,国内向け設定のため,皆さん各国で苦労されているようです.
私の場合,Kindle端末は持っていないのでAndroidタブレットに無料KindleアプリをDLしようとしたのですが...

バングラデシュではKindleアプリはDL対象外!!

いきなりつまづきましたよ...
さらに,たとえ日本でアプリをDLしてきても超えなければならないハードルがいくつかありそうでした.
Kindleを持っている方はこちらを参照してください.ただしバングラの事情と異なる可能性があります.

海外からKindle日本の本を購入して、読む方法 By A Yoshidaさん

PC版はDLできましたが,日本のストアと同期できないのか購入できません.
ということでKindleは早々に諦めました.
Amazonはmp3も日本国外からだと購入できないんですよね.Amazonさん厳しい.
※Amazon.co.jpからの買い物は可能です.帰国前に購入して実家に送っておくのは常套手段ですよね.


■Sony Reader
ソニーのサイトでは「好きなときに、好きな場所で、好きな読み方で本を楽しめる」を売り文句にしていますね.
ドイツ在住の友人の話では日本で購入前に念の為サービスセンターに電話して問い合わせたら
「え、はい、、インターネットがある場所なら基本的に、、、」という感じで答えてくれたらしいですが.

果たして,バングラデシュではこうなります.

SONY Reader PCからのサイト画面
「端末にアプリをインストールできません」

そしてタブレットでも「このアイテムはお住まいの国でご利用いただけません」と拒否られます.
ここで注意したいのは,私の端末は日本で購入したSONYのXperiaタブレットです.
いわばSONYの純正アプリがデフォルトで入っています.
にも関わらずこうなるので,バングラデシュでは使えないと解釈して良さそうです.はい終了.


■Renta!
最初に使い始めたのはこれでした.
もともと電子書籍に抵抗があった私は「レンタルなら失敗しても気が楽だべ~」と安易な気持ちで
お試しも兼ねて使ってみましたがアプリのDLもでき,特に問題なくPCでもタブレットでも見れています.
他の電子書籍ストアと違い,チケット制であるところが特徴ですね.
こちらでは無制限レンタル(実質購入)はせず,安くレンタルできるものだけを利用しています.


■honto
数ある電子書籍ストアで私が主に使用しているのがこのhontoです.
電子書籍の数が少ないのは非常に悩ましいところですが,
実店舗とのリンクやキャンペーンが豊富なところ,コミックだけでなく書籍も多いのが気に入っています.
特にジュンク堂&丸善とのタッグというのが個人的にぐっときました.
帰国時にはAmazonとの使い分けでいきたいと思います.

公式ヘルプでは日本国内のみとなっていますが,実際にはPCでのアプリDLも購入も可能です.

ただし,タブレット端末からのアプリDLができませんでした.ストアで検索しても出てきません.
hontoのサイトからアプリDLリンクに飛ぶと,SONYリーダーと同じような表示になります.
対処法として,タブレットを買い換える際に友人に予め日本でアプリを入れてきて運んでもらいました.
これはつまり,日本でアプリをDLする機会がない場合は難しいかもしれないです.
こちらでの購入・閲覧は問題なくできています.Kindleのような冊数制限もありません.

※実は日本から出張できた友人がこちらでもKindle購入できたと言うので,
同様の方法で利用できないかと期待に胸躍らせて試してみたのですが,この口コミを見て諦めました...
冊数制限などあるようですし,VPN経由とかは面倒そうだしね...情弱.
海外で使う日本版Kindle 


■eBookJapan
コミック数が非常に多いので,大変魅力ではあるのですが,
アプリレビューを見て評価の低さに怖気づいて手を出していないチキンです.
トランクルームから本が消えたとか読めなくなったとかの不具合マジですか.
PC版はビューワをインストールして試したら見れました.アプリDLはバングラでもできるようです.
しばらくは無料版や立ち読みページの利用で様子を見ます.


実際に試したのは上記のものです.端末や環境により違いもあるでしょうからご参考まで.

以下は主な電子書籍アプリのDL可否@バングラデシュです.
皆さんのレビューを見る限り,ほとんどの電子書籍ストアは,
アプリがインストールされていて日本のクレジットカードを持っていれば購入できるのではないでしょうか.
海外のクレジットでも問題なく購入できるストアもあるようですが,バングラのものはお勧めしません.
環境や使用端末によってはDLできたりできなかったりするかと思いますので,あとはご自身でご確認を.

紀伊國屋書店BookWebPLUS(Kinolppy): 不可
BookLive!: 不可
電子文庫パブリ: 不可

楽天Kobo:旧バージョン: 対応
BOOK WALKER:対応
GALAPAGOS: 対応
絶版マンガ図書館: 対応
パピレス: 対応


ちなみに,YahooブックスやGyaoなどのyahoo系コンテンツは軒並みここでは見られません.
ついでに言うとDMM系も対象外なので艦これ?とうらぶ?何それ美味しいの?って感じです.あっと話が逸れた.


個人的には電子書籍はできればあまりたくさんのストアに手を出したくないというのが本音です.
クレジットカードの登録やパスワード管理など,ストアが増えれば増えるほどリスクも大きくなるのと,
使い慣れた本棚やビューワーがいいというのもあります.タブレットのストレージにも限りがありますしね.
あとこれが私には重要なのですが,あまり電子書籍で何でも買えるとたくさん買いすぎる.
カードの落とし穴ですよ,ボタン一つで即手に入る危うさ.

それから装丁が美しい本はそれだけで価値があるし,本当に気に入った本はできれば紙書籍で買いたい.
なので調子に乗ってポチポチしないように,「この本電子化してないのかよ~!!」って頭抱えるような
hontoくらいの書籍数が,自制する意味でもちょうどいいかなと思ってます.


では皆様,快適な読書生活を!


※お腹空いているときに買い物すると必要以上に食材を買っちゃう現象と同じで,日本語に飢えてる時に購入すると買いすぎて読みきれない,とかになるのでご注意.大量購入してあとでクレジットの請求にビックリしても,電子書籍の積読なんてシャレになんない事態になっても自己責任でお願いしますよ.


コメント

  1. Tomo | URL | /aky1MRQ

    バングラデシュで長く居ると、ご苦労があるのでしょうね、本当にご苦労様です。

  2. Naoko | URL | -

    >Tomoさん

    文化も価値観も違う外国で生活したり仕事をすれば程度は違えどストレスはかかるはずなので,
    精神の均衡を図るために皆さんいろいろ発散方法を考案していると思いますが,
    こういうところに書いたり,ネタにして話し合ったりするのは単純ですが役立ちますね.

  3. hakase | URL | LTq43RdE

    Re:バングラデシュで電子書籍を使ってみた

    丁寧なレポート、とても役に立ちました!

    電子書籍興味はあるのですが、ここ2,3年は日本からわざわざ買ってきた本まで積んである状態なので、もうちょっと様子を見てみようと思います。

    しかしやっぱりKindleDLできないんですね~汗

  4. Naoko | URL | -

    >hakaseさん

    > ここ2,3年は日本からわざわざ買ってきた本まで積んである状態

    わかりますそれ!
    日本の本屋とかAmazonで見たときは本当に読みたくて買ったはずなのに,
    ダッカの本棚に並べてみるとなかなか手に取れない.
    これじゃダメだとテーブルの上において置くんですけど,読まないんですよね~
    で,それ読んでないのに新しく出た新刊が欲しくなるという謎現象.あれ,なんででしょうね?

    電子書籍はまだ自分にとって目新しいので,購入するとするDLしてわりと早く消化してます.
    ただ長編小説とかはミステリーはやっぱり紙の方がいいので,購入する本はなんとなく分けてますね.

  5. hakase | URL | LTq43RdE

    Re:バングラデシュで電子書籍を使ってみた

    読書(乱読)歴も長いので、やや飽和してきた感もあるんですよね。
    どれ読んでもどこかで読んだような気がしたり(以前読んだ本を未読と勘違いしていたりなどでは、断じてありません!←必死)。

    それでもそれなりに旬のものをノンフィクションもの中心にボチボチチェックはしつつ、蔵書の処分のつもりで、手持ちのものを読み返して必要な箇所をメモってから外に出し、冊数を減らしてます。

    そこは減退しないかな、と思っていた知識欲がスリムになってきてるようで、自分でも驚いてるんですが、好奇心がなくなったのとは違い、ガツガツするんじゃなくて、何かちょっと違う形になってきている模様。

    それでも『悪童日記』などの作品に出会うと、「まだまだ読むべき作品はある!」と思っちゃいますね~。

    前から自覚はありましたが、きわどいものの方が入り込めますね。子供と一緒になって夢中で『東京喰種』とか観てますよ。

  6. Naoko | URL | -

    >hakaseさん

    私はこの頃,以前読んだ作品の粗筋忘れてることがあるので
    好みの作品だったらたぶんもう一回読んでもそれなりに楽しめる自信あります(笑)
    昔は同じ本を二度読み直すなら多少つまらなくても違う本を読みたいと思っていたのですが,
    だんだん駄作を読むくらいならお気に入りの本を何度も読み返すほうがいいという志向に変わってきました.
    手元に置いておきたい本と手放してもいい本との境界線は迷いますよね~
    実家の時はいくらでも場所があるような気がしていたのに.

    『悪童日記』はいろんなところで評価されてますが,私はイマイチ響かなかったですね…

  7. hakase | URL | LTq43RdE

    Re:バングラデシュで電子書籍を使ってみた

    私も若い頃はまず読み返しはしなかったのに、最近はそれもありますし、Naokoさんのおっしゃることよくわかります。自分の好みが成熟してきてるんでしょうね。そういう変化もあり、この頃の自分の読書習慣の変化は興味深いですよ。

    読書に限らず、他の生活アイテム(服とか生活用品とか)も、以前は試してみないとわからないし、とか、単に興味があって、とかで、いろいろなものを手に取ってきましたが、もう「結局これを自分が使うかどうか」がだいぶわかってきているので、幅が狭くなってきました。いい意味で、と私は思ってますが。あれですね、ジョブズの黒タートルじゃないですけど、選択に余計な時間がかからなくていいなーと思います。

  8. Naoko | URL | -

    >hakaseさん

    生活用品とかはわりと昔から一回これと気に入ったものがあれば使い続けるタイプですね,私は.
    お気に入りのジーパンの型番が生産修了してたりして,もう一本同じの買っときゃ良かった!
    ていうのが何度かあります.ジョブズみたいに余分な選択肢を減らすという気はなかったですが,
    確かにメーカーだけでも決めておくと購入は楽ですね.愛着もわいてくるし.

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。